top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

中島健人「松永、気持ち固めました」高橋ひかる“美己”、若月佑美“夏未”から思いを寄せられ悩む<リビングの松永さん>

WEBザテレビジョン

中島健人(Sexy Zone)主演ドラマ「リビングの松永さん」(毎週火曜夜11:00-11:30、カンテレ・フジテレビ系)の第9話が3月5日(火)に放送される。放送に先駆けて、中島と高橋ひかるからコメントが到着した。

■シェアハウスを舞台にしたラブコメ

本作は人気コミックを原作に、さまざまな世代の男女が共に暮らすシェアハウスが舞台。中島が演じるグラフィックデザイナー・松永純が、高橋が演じる女子高校生・園田美己とひょんなことから同じシェアハウスで共同生活をすることに。

恋に不器用な堅物のアラサー男と、ピュアで一生懸命で恋愛偏差値3の女子高校生が、時に衝突し、時に助け合うことで互いを認め合い成長していく、ドキドキ年の差ラブコメディー。

シェアハウスで暮らすメンバーとして、松永と男の友情で結ばれているバーテンダー・鈴木健太郎を向井康二(Snow Man)が、医大に通う大学生でいずれ松永の恋のライバルになる北条凌を藤原大祐、カレー屋でアルバイトしていること以外は生活スタイルが謎という不思議オタク系女子・服部あかねを大久保桜子、ヒロインの美己にとって憧れのお姉さん的存在のネイリスト・大貫朝子を黒川智花が演じる。

■「リビングの松永さん」第9話あらすじ

第9話は――

松永が、自分のために大事な仕事をフイにしたと知った美己は、うれしさと申し訳なさから、思わず「私、松永さんが好き」と告白。しかし、あまりに突然のことに松永は困惑し、シェアハウスに戻ってからも2人の距離は近づくどころか、気まずい空気が流れる。

そんななか美己は、あかねがインド人の恋人・サンジェ(加藤諒)からプロポーズされたことを知る。ところが、結婚のために夢をあきらめるというサンジェの決断に納得できないあかねは、結婚を拒否。話をしようとサンジェがシェアハウスを訪ねてくると、あかねは「サンジェの人生を大事にしてほしい」と訴え、そんな2人を見た松永は、「もっと自分を大事にしてください」と涙を流した美己の姿を重ねる。結局、あかねはシェアハウスを出てサンジェと結婚することを決め、2人で夢だったカレー店をオープンするという。

当然、松永や健太郎は送別会を計画するが、開店資金のためか、結婚式を挙げないという決断をしたあかねのことが気になる美己と朝子は、サプライズで手作りの結婚式をしようと提案する。一方、美己が松永に告白したことを知った凌は、戸惑っているとはいえ、どうも煮え切らない態度の松永に、あることを告げる。凌の言葉に覚悟を決めた松永は…。

――という物語が描かれる。


■中島健人「シェアハウスって出会いと別れの場所」

第9話について中島は、「出会いと別れの春。恋の風を吹かすのは誰だ!?松永、気持ち固めました」と、今後の展開をにおわす意味深なコメントを。「9話は、すごく安心する回でめっちゃ好き。全12話放送の『リビングの松永さん』の中で9話だけ、ちょっと異質なんですよね。シェアハウスって、ほんとに出会いと別れの場所なんだよね。永遠ってないのよ。ずっとってないんだよね。9話は、出会いと別れの春を感じられるエピソード。シェアハウスならではの手作りの結婚式。正直、最初はシェアハウスには住めないな…と思っていたけど、こんな優しい人たちがいるシェアハウスだったら住みたいよね」と笑顔。

ドラマでも描がれる出会いと別れの春。これまでも多くの作品で主演し、『リビングの松永さん』の座長も凛と務めてきた中島に、改めて“座長”の意識について聞くと、「自分にとっての大切な時期をこのドラマで過ごして、この現場を特別に感じています。今までは、“座長”は“周りに頼らない自分”っていうのを正解だと捉えていたけど…僕は、今は、その真逆です。どっちかっていうと、みんなに頼るし、自分一人で無理して何かをやり遂げるとかはもうやらない。やっぱり周りにちゃんと頼ることが、今の時代のリーダー像なんじゃないかなってすごく思います」と、かみしめるように語った中島。すぐさま「鼻炎がひどいときは向井康二が鼻炎の薬をくれるので、康二も一応助けてくれます」と笑い、「結局、この現場の皆の人柄の良さが僕を明るい人間にしてくれているので、この現場に入れたことが、本当にラッキーでしたね。なんの質問でしたっけ(笑)?」と、オチャメで謙虚な素顔をのぞかせた。

■高橋ひかる「一番華やかな回」

ヒロインの美己が8話の終わりで松永に告白してからの9話となるが、美己を演じる高橋は「美己って、結構大人だなって思うんですよ。松永さんのことを思って、自分よりもあなたが大事だから、私はあなた自身のことを大切にしてほしいんだっていうことを言えるのが、本当にすごいなって、大人だなって思いますね。でも、感情として表に出しちゃっているのは幼いところだなとも思いますけども(笑)」と美己を分析。

9話の見どころについて高橋は「あかねさんがプロポーズされたって聞いて、美己は起きることに全力で向き合うので、お祝いしたいっていう気持ちで一生懸命です。将来、美己が自分のやりたいことへの指標を見つけられるような回にもなっているので、全力で結婚式の準備を楽しみました。あかねさんがこれまで見せなかった表情を見せてくれたから、私もすごくトキメキましたね。花嫁さんのウェディングドレスの力ってすごいなと思ってましたけど、着替えた途端に、もちろん大久保さんのお芝居のすごさもあってすてきなシーンになってます!」とコメント。そして「『リビングの松永さん』の中でも一番華やかな回だったなとも思いますし、すごく好きな回です」と太鼓判。

■予告動画でもそれぞれの恋模様が描かれる

番組公式YouTubeやXなどで見ることができる予告動画では、プロポーズされたことを報告するあかねに、美己が驚いているシーンからスタート。「今週いっぱいでシェアハウスを出ていこうと思います」と言うあかねに、一同は手作りの結婚式を準備。

一方で、凌は「自分でもよく分かんなかったけど、きっとあの瞬間から好きになってたんだと思います」と美己への思いを自覚。松永も美己に対する気持ちを考えるが、そんななか夏未(若月佑美)から「今も純のことが好きだよ」と言われる。そして、凌は松永に「俺遠慮しませんから」と宣戦布告。松永は美己に「話したいことがある」と呼び出す。

この動画に視聴者からは、「松永さんの気持ち次第だ、どうするんだろう」「『俺遠慮しませんから』が刺さった」「波乱の予感」などの声が上がっている。

※高橋ひかるの「高」はハシゴダカが正式表記


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル