top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

大久保桜子、会いたかった加藤諒との恋人役に喜ぶも「必死で隠してました(笑)」<リビングの松永さん>

WEBザテレビジョン

中島健人(Sexy Zone)主演ドラマ「リビングの松永さん」(毎週火曜夜11:00-11:30、カンテレ・フジテレビ系)の第9話が3月5日(火)に放送される。放送に先駆けて、大久保桜子と加藤諒からコメントが到着した。

■シェアハウスを舞台にしたラブコメ

本作は人気コミックを原作に、さまざまな世代の男女が共に暮らすシェアハウスが舞台。中島が演じるグラフィックデザイナー・松永純が、高橋ひかるが演じる女子高校生・園田美己とひょんなことから同じシェアハウスで共同生活をすることに。

恋に不器用な堅物のアラサー男と、ピュアで一生懸命で恋愛偏差値3の女子高校生が、時に衝突し、時に助け合うことで互いを認め合い成長していく、ドキドキ年の差ラブコメディー。

シェアハウスで暮らすメンバーとして、松永と男の友情で結ばれているバーテンダー・鈴木健太郎を向井康二(Snow Man)が、医大に通う大学生でいずれ松永の恋のライバルになる北条凌を藤原大祐、カレー屋でアルバイトしていること以外は生活スタイルが謎という不思議オタク系女子・服部あかねを大久保桜子、ヒロインの美己にとって憧れのお姉さん的存在のネイリスト・大貫朝子を黒川智花が演じる。

■大久保桜子の役作り「謎のキャラではありたい」

第9話は、あかねがインド人の恋人・サンジェ(加藤)からプロポーズされるが、結婚のために夢をあきらめるというサンジェの決断に納得できず結婚を拒否。話をしようとサンジェがシェアハウスを訪ねてくると、あかねは「サンジェの人生を大事にしてほしい」と訴える。結局、あかねはシェアハウスを出てサンジェと結婚することを決め、2人で夢だったカレー店をオープンする…というあかねにフィーチャーされた回となる。

あかねを演じる大久保は「結婚式があって、シェアハウスを卒業するシーンがあるっていうのは、最初の衣装合わせの時に聞いていたので、なるべくそのシーンをより盛り上げるために、どういう子なのか掴めないっていう謎のキャラではありたいなって思って、ずっと臨んできました。まさかこの子に彼氏が!とか、まさかこの子が結婚するんだ!とか、そういう想像ができないように、なるべく真逆の方向に走っていこうとは思ってました。計算して、全部仕掛けてました!」とニヤリ。

ウェディング姿で撮影に臨み、「実は私、撮影が始まる前にセットをちょっとだけ見てしまって。あまりにステキすぎて、この手作り感いっぱいの結婚式っていうのが、よりグッときましたね。このシェアハウスを出ていくって、卒業するってときに、もちろん結婚は、あかねちゃんとしては幸せなことなんですけど、現場でも仲良かった分、自分がほんとに卒業するわけじゃないのにすごく悲しい気持ちになって。それぐらい、あかねちゃんも私自身も、このシェアハウスにいた事実が楽しかったんだなって、改めて自分でも思った時間でした」とコメント。


■加藤諒「可愛らしい夫婦だなと思っていただけたら」

一方で、あかねの恋人を演じるのは加藤諒。加藤は出演決定について「とてもうれしかったです!!!放送を見ていてキュンキュンしてましたし、シェアハウスの皆様がとても魅力的だったので、『シェアハウス365に行けるんだ』と楽しみにしてました!」と満面の笑顔で語り、「原作の岩下慶子先生の描くサンジェのリスペクトを忘れずに“心”の部分を大事に演じたいなと思いました。そうする事であかねとサンジェの二人が可愛らしい夫婦だなと思っていただけたら良いなと思います」とコメント。「中島健人くんが5年ぶり、高橋ひかるちゃんと向井康二くんが2年ぶり、黒川智花ちゃんは…20年ぶりの共演だったのですが、『2ヶ月間くらい居た?』と言われるくらい馴染めました(笑)。高橋ひかるちゃんとバランスゲームを現場でやったんですけど、シェアハウスの皆がビックリするくらい高く積み上げていました!」と撮影現場の雰囲気やエピソードを披露。

■大久保は加藤との共演に喜び「彼氏の役として会えるとは」

さらに、大久保が「私…実は…加藤諒さんが、元々すごく個人的に大好きな俳優さんだったので、いつかお会いしてみたいなって思ってて。まさかこんな形で、彼氏の役として会えるとは思ってなかったので、すごく個人的にテンションが上がっていたんです」と、いきなりインタビューで告白。プロデューサーから恋人役は加藤諒さんと告げられた時には「そうなんですね」とクールに平常心で答えていた大久保を目撃していたスタッフがツッコむと、「実は、聞いた時にうれしすぎて喜びが爆発して大興奮してたんですけど、必死で隠してました(笑)。結婚式の撮影中も、あり得ないほど感動して…終わって、つい言っちゃいました(笑)」とニッコリ。

このことを聞いた加藤は「え、そんなに爆発されていたんですか!?盛ってないですか!?(笑)。また共演出来たときには、どのくらいファンなのかを聞いてみたいです!(笑)。撮影では、2人で小走りしてシェアハウスに入るシーンの時に、僕が玄関に咲いていた薔薇の棘に引っかってしまった事があったんですけど、それを2人で爆笑したり、桜子さんが『ここのお芝居こうしませんか』と提案してくださったりして、とても頼もしかったので、あかね役が桜子さんで本当に良かったと思いました」と、こちらもニッコリ。「『リビングの松永さん』第9話は心温まるエピソードかつ終盤に向けての大事なエピソードになっていると思います。本当に出演者の皆様が繊細なお芝居をされているので、表情、特に目、そしてせりふから伝わる内面にも注目して見ていただきたいです。加藤諒版サンジェも愛していただけますように…」とメッセージを寄せた。

■第9話あらすじ

松永が、自分のために大事な仕事をフイにしたと知った美己は、うれしさと申し訳なさから、思わず「私、松永さんが好き」と告白。しかし、あまりに突然のことに松永は困惑し、シェアハウスに戻ってからも2人の距離は近づくどころか、気まずい空気が流れる。

そんななか美己は、あかねがインド人の恋人・サンジェからプロポーズされたことを知る。ところが、結婚のために夢をあきらめるというサンジェの決断に納得できないあかねは、結婚を拒否。話をしようとサンジェがシェアハウスを訪ねてくると、あかねは「サンジェの人生を大事にしてほしい」と訴え、そんな2人を見た松永は、「もっと自分を大事にしてください」と涙を流した美己の姿を重ねる。結局、あかねはシェアハウスを出てサンジェと結婚することを決め、2人で夢だったカレー店をオープンするという。

当然、松永や健太郎は送別会を計画するが、開店資金のためか、結婚式を挙げないという決断をしたあかねのことが気になる美己と朝子は、サプライズで手作りの結婚式をしようと提案する。一方、美己が松永に告白したことを知った凌は、戸惑っているとはいえ、どうも煮え切らない態度の松永に、あることを告げる。凌の言葉に覚悟を決めた松永は…。

※高橋ひかるの「高」はハシゴダカが正式表記
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル