top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「僕がいなくてもだれも困らない」 失意の若者が、田舎への転職で知った「働く喜び」(1)

J-CASTニュース

上司の言葉がけひとつで、モチベーションが高まった経験はありませんか?

会社の中で実際に起きた困ったエピソード、感動的なエピソードを取り上げ、人材育成支援企業代表の前川孝雄さんが上司としてどうふるまうべきか――「上司力」を発揮するヒントを解説していきます。

今回のエピソードを踏まえ、前川さんは「自分の存在や仕事が誰かの役に立っていることを実感できた時に、確かな働きがいを感じることができる」といいます――。

「いつでも自由に休める仕事」はいい仕事?

今回のエピソードはある若者の体験談です。

首都圏郊外に生まれ育ったSさん。

広告の後にも続きます

就職活動でことごとく選考を通過できないまま、大学を卒業しました。明確な就職動機がなく、志望していない企業を受ける気になれなかったこともあり、フリーター生活を始めます。

アルバイトでお金を貯めて、海外でバックパッカーでもしながら自分の進路をじっくり考えようとしたのです。

Sさんがとりあえず始めたのは、工場での日給アルバイト。

学生時代から暮らす一人暮らしのアパートから最寄り駅まで歩き、朝の定められた時刻に工場行きのバスに乗ります。工場エリアに着くと事務所で受付を済ませて、見知らぬ大勢の人たちと待機。

そのうち仕事の振り分け担当者がやってきて、集まった人数を見計らって作業場を振り当てます。自分の番号札を渡され、マイクロバスで現場に送られると、1日配属先の現場で単純作業に従事します。

顔見知りもいないため、黙々と指示された作業をこなします。決められた定時にその日の仕事を終えると、またバスに乗り自宅最寄り駅まで戻り、帰路に着くという流れでした。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル