top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

三笘薫への「悪質タックル」に元日本代表「ケガをさせるためのタックル」と大激怒 新ルール提言も

J-CASTニュース

サッカーの元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏(42)が2024年3月4日にユーチューブを更新し、英1部プレミアリーグでプレーする日本代表MF三笘薫(ブライトン、26)への悪質タックルに大激怒した。

「あれはひどい。汚すぎ。ダーティーすぎる」

三笘は2月18日に行われたシェフィールド・ユナイテッド戦の前半11分に相手DFメイソン・ホルゲート(27)から悪質なタックルを受けた。三笘は足裏を向けたタックルを左膝に受け、左膝を押さえてピッチ上に倒れこんだ。主審はホルゲートにイエローカードを提示したが、オンフィールドレビューで確認し直しレッドカードを示した。

闘莉王氏は「ケガをさせるためのタックルとしか思えない。もうありえないことです」と呆れた様子で振り返り、「普通に止めるだけならばシャツを引っ張るだけでいい。あのタックルは必要ない。結局自分も損して退場。あれはひどい。汚すぎ。ダーティーすぎる」と激怒した。

Jリーグで19年間プレーし、日本代表として10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場。W杯本戦では主力としてチームをけん引した。このような豊富なキャリアを誇る闘莉王氏は、悪質なタックルに関する新しいルールを提言した。

「これはサッカー界が取り組むべきこと。悪質なファウルでレッドカードをもらった時には、悪質なタックルをした選手が相手選手をケガさせた場合、その選手がケガして試合に出れない。例えば全治1か月、3か月、6か月かかった場合、悪質なファイルをした選手も同じ期間試合に出れないルールをサッカー界は作ってほしい」

「もう前十字靭帯だけではすまない」

さらに「三笘へのあのようなタックルはもう退場だけではすまない。どの位置に足が行っているのかと。格闘技ですら大変なタックルだと思います。これはサッカー。大変ですよ。これはいただけない。あれは膝にちゃんと入ると、もう前十字靭帯だけではすまない」と続けた。

広告の後にも続きます

シェフィールド・ユナイテッド戦のタックルが原因かどうかは不明だが、三笘は腰のケガのため長期離脱することになった。スポーツ紙などの報道によると、三笘が所属するブライトンのロベルト・デ・ゼルビ(44)が2月27日に報道陣の取材に応じ「2、3か月かかると思う」と明かしたという。

三笘は2月29日にインスタグラムを更新し、「また離脱することになりました。今シーズンは怪我が続いて悔しい気持ちが強いですが、必ず強くなって戻ってきます」とのコメントを投稿。日本代表は今後、北中米W杯アジア2次予選を控えるが、三笘の出場は不透明だ。闘莉王氏は「全部乗り越えてまた輝ける三笘が戻ってきてほしい」とエールを送った。

 
   

ランキング

ジャンル