top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ヨーロッパには「美容師免許」がない!? 日本の美容師に聞いて分かった、海外で働くための“リアル事情”

オトナンサー

日本ではパーマ、カット、カラーといった全ての工程に担当の美容師がついて施術を行うパターンが多いと思うのですが、海外では分業制が主流なのです。パーマはこの人、カットはあの人、シャンプーはまた違う人…と複数の美容師が入れ替わって施術を行うため、施術の内容によって経験の差が出てくる可能性があるのです。そのため、分業制に慣れてしまった人は、同じプロセスで施術をする美容院を探した方が働きやすいかもしれません」

* * *

 同じ「美容師」という職業でも、日本と海外では資格の取り方や働き方に大きな違いがあるのですね。海外で美容師としてデビューしたいと考えている人は、事前に各国のシステムをしっかりと把握してから目指した方がよいかもしれません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル