top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ダニエル太郎 初戦は世界84位

テニス365


ダニエル太郎
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は4日、シングルス本戦の組合せを公開。世界ランク76位のダニエル太郎は1回戦で同84位のD・ガラン(コロンビア)と対戦することが決定した。

>>ダニエル 太郎、ジョコビッチ、ナダルらBNPパリバOP組合せ<<

>>大坂 なおみ、シフィオンテクらBNPパリバOP組合せ<<

31歳のダニエルは今季、1月のASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)で約5年8ヵ月ぶりのツアー決勝進出。準優勝を果たし直後の世界ランキング更新ではキャリアハイとなる58位を記録し日本勢男子トップに躍り出た。

しかし、全豪オープンで初戦敗退となるとその後のツアー大会では苦しみ、初戦突破を果たしたダラス・オープン(アメリカ/ダラス、ハード、ATP250)を除く3大会は全て初戦で姿を消した。

そのダニエルがBNPパリバ・オープンに出場するのは8度目。昨年大会では予選2試合を勝ち抜き本戦入りすると2018年の最高記録に並ぶ3回戦進出を果たしている。

今大会では27歳のガランと1回戦で対戦。ツアー大会本戦で対戦するのは今回が初となるがチャレンジャー大会では2015年のバランキージャ・チャレンジャー(コロンビア/バランキージャ、クレー、ATPチャレンジャー)で顔を合わせており、ダニエルが6-1, 6-3のストレート勝ちを収めている。

なお、今大会の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはC・アルカラス(スペイン)、第3シードはJ・シナー(イタリア)、第4シードはD・メドベージェフ、第5シードはA・ルブレフ、第6シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第7シードはH・ルーネ(デンマーク)、第8シードはH・フルカチュ(ポーランド)。シード勢は1回戦免除のため2回戦から登場する。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル