top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ナダルとラオニッチ 初戦で激突

テニス365


ナダルとラオニッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は4日、シングルス本戦の組合せを公開。1回戦から元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)と同3位のM・ラオニッチ(カナダ)が対戦する好カードが実現した。両選手とも今大会はプロテクトランキング(負傷などによる長期離脱選手の救済制度)を使用し出場している。

>>ダニエル 太郎、ジョコビッチ、ナダルらBNPパリバOP組合せ<<

>>大坂 なおみ、シフィオンテクらBNPパリバOP組合せ<<

37歳のナダルは昨年1月の負傷離脱後、手術を行い2023年シーズンを欠場。今年1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)で復帰したが、その後負傷が見つかり約2ヵ月の再離脱となった。それでも今月3日、エキシビションマッチではあるものの「The Netflix Slam」(アメリカ/ラスベガス、室内ハード)に出場し世界ランク2位のC・アルカラス(スペイン)と試合を行った。

一方、33歳のラオニッチは1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で今シーズンをスタートさせるも1回戦、セットカウント1-1で迎えた第3セットで途中棄権。

その後、今季2大会目となったABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)に出場すると1回戦でJ・デ ヨング(オランダ)、2回戦で第8シードのA・ブブリク(カザフスタン)を下し約3年3カ月ぶりの8強入り。準々決勝ではJ・シナー(イタリア)と対戦するも6-7 (4-7), 1-1の時点で途中棄権を申し入れた。

そして今回、1回戦でナダルとラオニッチが激突。過去に10度対戦しており、ナダルの8勝2敗。最後に対戦したのは2019年のレーバーカップ(ドイツ/ベルリン、ハード)ラウンドロビンであり、ナダルが6-3, 7-6 (7-1)のストレート勝ちを収めている。

なお、この試合の勝者は2回戦で第7シードのH・ルーネ(デンマーク)と対戦する。

今大会の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはアルカラス、第3シードはシナー、第4シードはD・メドベージェフ、第5シードはA・ルブレフ、第6シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第8シードはH・フルカチュ(ポーランド)。シード勢は1回戦免除のため2回戦から登場する。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル