top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

侍JAPAN監督/井端弘和が盗塁しづらかったクイックモーションが速い投手とは!?【少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」】

ラブすぽ

教えて井端さん!通算149盗塁の走塁技術

井端弘和選手は、現役時代に通算149盗塁、しかも「1シーズン20盗塁」を3度もマークしている。盗塁のコツは何なのだろう。

「3.0秒」の攻防? ――かつては古田敦也捕手(ヤクルト)、矢野燿大捕手(阪神)、谷繁元信捕手(横浜→中日)、中村武志捕手(中日→横浜)、阿部慎之助捕手(巨人)ら強肩捕手がそろっていましたが、60個以上の盗塁王は2005年赤星憲広選手(阪神)が最後。以降、盗塁王の盗塁数は30個前後を推移しています。クイックモーションが速かった投手として思い出されるのは誰でしたか?

盗塁阻止はバッテリーの共同作業です。特に投手の分業制が進み、どのリリーフ投手もクイックモーションの技術向上が顕著ですね。リリーフ投手が二塁盗塁されたら、いきなり走者二塁のピンチを背負うことになりますから。先述したように、クイックモーションが速い投手は、やはり走りづらかったですね。

「クイック投球(最近は約1.1秒)」+「捕球→送球→二塁到達(1.8秒)」=計2.9秒。一塁走者の盗塁成功率は・650前後。逆に言えば、盗塁阻止率・350が強肩捕手の一つの目安です。私の現役時代では「スーパー・クイック」と呼ばれたのが、久保康友投手(ロッテ→阪神→DeNA)。同僚の浅尾拓也投手(中日)も速かった。捕手の送球がそれるのを期待するか、変化球のときを狙うしかなかったですね。クイックモーションにあまり執着しない外国人でも、マクガフ投手(ヤクルト→ダイヤモンドバックス)は速かったです。

いずれにせよ、いろいろなタイミングで投球できる投手は、こちらも投球か牽制球か判断しづらい。つまり、スタートのタイミングがつかめないので走るのは非常に難しいです。普通に走ったらアウトだと思います。だから一時に比べ、盗塁王の盗塁数も減っているのです。

【出典】『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』 著:井端弘和

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル