top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

同じ相手と2度の結婚と離婚…広田レオナと吹越満「ヘンな夫婦」の内情/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 それこそ10人いればみんな姿形が違うように、夫婦の形もそれぞれだ。とはいえ、同じ相手と2度結婚し、2度とも離婚。それでも繋がりが切れない不思議な関係を維持しているのが、広田レオナと吹越満ではないだろうか。

 2人の間には女優として活動する咲耶という娘がいるが、広田が2月18日にXで報告したのは、

〈昨日17日は吹越さんの59歳の誕生日 娘と2人で銀座でディナーですって〉

 元夫が娘と食事に出かけたのだった。

〈前厄ですね ドンマイ〉というコメントを添えた、プレゼントを持つ吹越の写真を目にし、現夫婦同様、元夫婦の形というのも十人十色なんだろうな、と改めて感じたものだ。

広告の後にも続きます

 2人は1994年に結婚。11年目にして離婚し、その7年後に再婚した。そして4年後にまた離婚、という不思議な生活を送ってきた。筆者が広田の離婚会見を取材したのは、2006年12月16日。つまり1回目の時である。

 実は1994年の電撃婚の際、吹越と劇団「WAHAHA本舗」の先輩にあたる久本雅美との熱愛が報じられたこともあり、一部週刊誌には「広田が久本から吹越を略奪!」といったタイトルが躍ったものである。だが、会見で語られたのは、「私は『別れよう、離婚しよう』と話を持ちかけても、彼は『絶対に別れない』と。でも2002年頃に『うん、別れよう』と言われて。ただ、そうは言ったものの、別れたくない。私が離婚を切り出すたびに『いやだ~! 愛してるから~!』って号泣するんです。で、マンションの外で『俺は女房に片思いしているんだ~!』とか叫ぶ。それでズルズルと…」

 吹越のほうが広田にベタ惚れだったというのだが、

「やっと離婚できたんだから『おめでとう』っていってほしい」

 と微笑んだのだった。ただ、迷言は飛び出すも、離婚原因については今ひとつわからずじまい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル