top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

“強豪キラー”石川祐希がMVPの躍動! ミラノが2位ペルージャとの激闘を制し、6位でプレーオフへ「難しさがあるなかで勝利できた」

THE DIGEST

“強豪キラー”石川祐希がMVPの躍動! ミラノが2位ペルージャとの激闘を制し、6位でプレーオフへ「難しさがあるなかで勝利できた」(C)THE DIGEST
 現地時間3月3日、バレーボールのイタリアリーグ/スーペルレーガで2023-24レギュラーシーズン最終節が行なわれた。男子日本代表の石川祐希が所属するアリアンツ・ミラノはホームで、シル スーサ ヴィム・ペルージャとの大接戦をセットカウント3‐2(25-22、25-27、17-25、25-23、15-13)で制し、6位へ浮上してプレーオフに臨むことが決まった。

【PHOTO】しなやかに舞う! 日本男子バレーが誇る”エース”石川祐希の厳選メモリアルフォトを一挙公開!

 11勝10敗の7位で最終節を迎えたミラノは、試合開始時点で5位ヴェローナ、高橋藍が所属する6位モンツァと勝点で並び、4位チヴィタノーヴァとは1差。プレーオフの対戦相手が決まる順位は、この日の結果次第で変動する可能性が残されていたため、勝点を挙げることが重要な試合だった。

 16勝5敗で2位のペルージャは、得点とエース数でリーグ2位、ブロックでは、個人部門で7位のミドルブロッカー(MB)セバスティアン・ソレ(イタリア)を筆頭に3選手がトップ20にランクイン。同部門で首位を堅守するMBアグスティン・ロセル(アルゼンチン)を擁しリーグ全体で4位のミラノを、10本上回り2位につけている。また、アウトサイドヒッター(OH)のウィルフレド・レオン(ポーランド)が、膝の故障による長期離脱から3週間前に復帰して、2試合連続でチーム最多得点を記録するなど調子を上げている。
  順位が確定しているペルージャは、プレーオフ開幕を3日後に控え、中心選手の温存が予想されたが主力メンバーを起用。ミラノは、OH石川とその対角に負傷から復帰のマテイ・カジースキ(ブルガリア)、司令塔はパオロ・ポッロ(イタリア)、MBロセルとマルコ・ヴィテッリ(イタリア)、オポジット(OP)フェレ・レゲルス(ベルギー)で先発メンバーを組み、膝の術後で調整中の主将マッテオ・ピアノがベンチ入りして脇を固めた。

 今季2回の対戦はどちらもフルセットマッチへもつれ込んだ。昨年12月に行なわれた前半戦は、腰痛から攻守で復帰初戦だった石川の大活躍で、劣勢を跳ね返したミラノがアウェーで逆転勝ちし、1月末のコッパイタリア準決勝では、セットカウント2-1から追いつかれたペルージャが逃げ切って痛み分け。両者を待ち受けていたのは、またしても大激戦だった。

 第1セットは、レフトからストレート弾を突き刺して試合をスタートさせた石川が、サーブでも攻め込みブロック2本を呼び込むなど連続ブレークに貢献。ミラノは序盤に最大5点差までリードを広げる。徐々に点差を詰めてきた相手に石川のエースなどで応戦するが、イタリア代表の司令塔シモーネ・ジャンネッリのサーブで同点とされる。続けて石川のアタックがアンテナに当たるなどして2点を追う展開へ。しかし、2連続ブロックでリードを奪い返したロセルが、石川の2本目のエースで握ったセットポイントをものにしてミラノが試合を先行した。
  第2セット、エース2本などで序盤に最大4点のリードを奪ったミラノだったが、中盤にジャンネッリのサーブで詰め寄られ、終盤にはレオンのサーブでもレセプションで苦戦を強いられる。石川の2打などで相手のセットポイントを3度にわたり回避して粘るが、逆転でこのセットを献上。第3セットも再び相手のサーブに出鼻をくじかれ中盤の5連続ブレークで万事休すとなり、大差でセットを連取された。

 試合途中、他チームの結果が先に出揃い、勝点+3のモンツァが5位確定。ヴェローナがチヴィタノーヴァに敗れ+0となり、ミラノに6位浮上のチャンスが訪れた。条件は勝点1以上だ。フルセットへ持ち込むために奪取必須の第4セット。開始と同時に石川が叩き込んだ今季リーグ(コッパ戦を含む)30本目のエースで勢いに乗り、終始リードを維持する。終盤に巻き返しを許して23-23とされるも、相手のサーブミスで到来したセットポイントを、石川がレギュラーシーズン通算アタック200得点目となる渾身のブロックアウトで仕留め、フルセットへ。この瞬間、勝敗に関わらず勝点1を確保したミラノだが、それに満足することなく、続く第5セットでペルージャを圧倒。本拠地を埋め尽くした5196人の観客の前で勝利を飾り、レギュラーシーズンを締めくくった。

 石川はチーム最多の20得点(アタック16、エース3、ブロック1)を挙げ、今季の公式戦(欧州大会を含む)通算300得点を達成。“強豪キラー”の称号に相応しい活躍でペルージャに2勝1敗で勝ち越し、MVP(マン・オブ・ザ・マッチ)を受賞した。
  試合後のオンコートインタビューにイタリア語で応じた石川は、「僕らは素晴らしい試合をやってのけた。難しさがあるなかで勝利できたことをチームは喜んでいる。向上すべき部分があるのは確か。ペルージャ戦では毎回、試合の中でアップダウンがある点かなと、、、とにかく、勝てたことがうれしい」とコメント。興奮を隠せない表情でいつもより早口で話す様子が、この勝利の価値を物語っていた。

 中2日で迎えるプレーオフ準々決勝の相手は3位ピアチェンツァ。コッパイタリアでは、連覇を狙う同クラブを退けてミラノが4強入りを果たした。背番号14は、「厳しい試合になることは分かっている。コッパ戦では僕らが良い戦いをした。やれることをやるさ」と、少し不敵な笑みを浮かべながら意欲を示した。

 ミラノがアウェーで挑むプレーオフ準々決勝第1戦は日本時間7日午前4時30分開始予定。石川を擁するチームは、昨季あと一歩で逃した決勝の舞台を目指して初戦に挑む。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】甘いマスクと攻守に躍動する姿に日本中が熱狂!“龍神NIPPON”で活躍する高橋藍のキャリアを厳選ショットで紹介!

【PHOTO】しなやかに舞う! 日本男子バレーが誇る”エース”石川祐希の厳選メモリアルフォトを一挙公開!
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル