top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「3試合で7打数5安打」大谷翔平の好パフォーマンスに米紙が驚愕「7億ドルの価値をすでに証明している」山本由伸にも「確かな印象を残した」と言及

THE DIGEST

「3試合で7打数5安打」大谷翔平の好パフォーマンスに米紙が驚愕「7億ドルの価値をすでに証明している」山本由伸にも「確かな印象を残した」と言及(C)THE DIGEST
 オープン戦3試合に出場して、7打数5安打、1本塁打、5打点、2四球。打率は驚異の.714をマークしているロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平に、米紙『USA Today』が賛辞を送っている。

【動画】ロッキーズ戦で3打数3安打! 大谷の全打席をチェック

 同紙は、「ドジャーブルーを着てわずか数打席。ショウヘイ・オオタニは自分が7億ドル(当時約1015億円)の選手である理由をすでに示している。オープン戦初出場の試合で本塁打を打っただけでなく、3試合で7打数5安打。三塁打も本塁打も記録した」と、オープン戦で躍動する大谷を称えた。

 あまりにも好調すぎる大谷の活躍ぶりに、「ドジャースは開幕に向けて50打席をこなす目標を立てているが、そんなに多く打席に立たせるのは危険かもしれない」と、当たりが止まってしまわないか心配するほどだった。
  一方、同紙は山本由伸にも言及。「オープン戦でまだ1試合にしか登板していないが、ファンに確かな印象を残した。テキサス・レンジャーズ戦で2回無失点。ヤマモトの破壊的なスプリッターと速球は、現ワールドシリーズチャンピオン相手でもフルに発揮された」と、大谷と同じくドジャースに新加入した山本を称賛している。

 また、「ヤマモトは2回で被安打1、3奪三振と好投。その投球は非常に効率的で、投げた19球のうち16球がストライクだった」と、山本のコントロールにも注目。大谷も山本もオープン戦から早速ファンやメディアの期待に応えている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「大谷翔平のいない人生は厳しいものになる」エンジェルス専門メディアがファンに呼び掛け「偉大な選手を失ったが、耐えなければいけない」
【関連記事】「外野でもエリートになれる!」”外野手・大谷翔平”を地元メディアが熱望!? 指揮官はDH専念を強調も「ドジャースは練習許可した」と指摘
 
【関連記事】大谷翔平の完全復活へ重要な意味を持つ古巣エンジェルス戦。米メディアが連戦出場を回復への「ステップ」と指摘
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル