top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

HY、閏年2月29日に奏でられた「366日」 一夜限りのスペシャルなビルボードライブを振り返る

Real Sound

HY(撮影=Tetsuya Yamakawa)

 あなたを思う気持ちは365日では足りない――ラブソングの名曲であり、HYのキャリアのなかでも代表曲のひとつと言える「366日」。4年に一度の閏年にあたる2024年2月29日に、この長く愛されてきた楽曲の新たなバージョン「366日(Official Duet Ver.)」を配信リリース。そして、「366日」にちなみ、ビルボードライブ東京でスペシャルなライブ『HY 366DAYS Premium Live』を開催した。本稿では、1stステージの模様をレポートする。

(関連:【画像】「366日」記念イヤーに月9ドラマ化……HY最新ライブ

 エントランスに、同窓会のようにおしゃれをして友人とともに足を運んだ女性グループなど、華やいだムードと期待感が漂う。開演を待つフロアも食事やお酒を楽しみながら、いつもと違う空間を存分に楽しんでいる様子だった。オーセンティックなジャズのBGMに続き、「366日」のインストバージョンが流れ、場内から登場するメンバーの姿を見つけたファンからは歓声が上がる。ステージに上がったメンバーは、くまなく笑顔でフロアに手を振り、3rdアルバム『TRUNK』より「初雪」でスタート。新しい街での寂しい思いを綴ったこの曲が東京、しかも冬の季節に届けられることでリアルに響き、仲宗根泉(Key/Vo)のソウルフルでまっすぐな歌声に気持ちが澄んでいく。

 続く「さよならまたね」では、新里英之(Vo/Gt)がフロアの最前列のテーブルギリギリまで歩み出て、ファンと握手する場面も。「近いねえ」と笑う彼をはじめ、驚くほどフレッシュで変わらないメンバーの佇まいを実感する。また、クラブハウスの距離感に響く洗練されたアレンジも心地好く、次の「あの日のまま」、仲宗根がリードボーカルをとる「至近距離恋愛」まで続けて届けた。

 メンバー全員が話すMCタイムでは、今年初めてのワンマンを祝って乾杯することになり、許田信介(Ba)が音頭を取るのだが、なぜかマイクに宴会めいたエコーがかかり、笑いが起こる。仲宗根が「今日初めてHYのライブに来たという人!」と問うと、意外と多くの手が挙がっていた。そして、「この人は何があっても(大丈夫)って人はいますか? 恋は魔法だと思うんです」「『366日』の歌詞にもあるけど、匂いが忘れられないって。でも本当に怖いのは女性が男性を見限った時、匂いは臭い、仕草は鬱陶しいになるからね」と、ジョークを放つ。

広告の後にも続きます

 笑いでほぐれたところで、新里と仲宗根が声を合わせてタイトルコールし、「I LOVE YOU」を音数をグッと減らしたライブアレンジで披露。ラストに向けて仲宗根が新里に迫るコミカルな形になったのも面白い。軽快なファンクチューン「花束」では、新里が客席を巡り、ファンもクラップやサムズアップの振りで盛り上げ、一体感が高まる。さらにフロアに誕生日の人がいないか探し、会場中で「ハッピー・バースデー」を贈る一幕も。一転、新里が「次の曲は20年前の曲です」と話し始める。曰く、2ndアルバム『Street Story』がチャート1位を獲得したことで、プレッシャーがかかり、3rdアルバムである『TRUNK』の東京での制作は辛いものだったという。「でも、ボーカルでよかった。みんなが書く詞に勇気づけられたから」と、曲や彼らが歩いてきた道のりを思いながら聴く「僕がキミを」は感慨深い。

 さらに、イントロで歓喜の悲鳴も上がった人気曲「AM11:00」では名嘉俊(Dr)のラップパートに沸き、ラストのサビではシンガロングも起こる。そして、壮大なスケールの「風になって花になって」へ。仲宗根の民謡を思わせる小節がアイリッシュ音楽にも通じるこの曲を駆動し、バンドサウンドの醍醐味も最高潮に達した。本編ラストは、沖縄の子供たちと一緒に作ったオリジナル最新曲の「LOVE」で締め括った。

 アンコールに応えてメンバーが再登場する前にはステージ後方のカーテンが開き、六本木の街を一望できる状態に。この日、オープニングに「初雪」をセットしたことや、3rdアルバム制作時の苦悩を話してくれたことが、ここで昇華されるような演出に思えた。今日この曲をやらずには終われないわけで、「366日」のニューバージョンである「366日(Official Duet ver.)」をライブ初披露。

 仲宗根の力強く突き通す歌唱から、エンディングのソウルフルなファルセットが切実な思いを伝え、そこに新里の声が加わることで、女性目線の悲恋を歌うこの曲に新たな視点が加わったような発見をもたらしてくれた。ジャンルや洋楽/邦楽の枠を超え、ラブソングの名手・仲宗根泉のソングライティングにこれからも期待したくなった一夜だった。

(文=石角友香)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル