top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

FRUITS ZIPPER、CANDY TUNE、SWEET STEADY、「上下関係は厳しくないよね?(笑)」初の合同ライブ直前に3組の関係を告白

Pop’n’Roll

アイドル文化を世界に向けて発信するアソビシステムのアイドルプロジェクト『KAWAII LAB.』主催のライブイベント<KAWAII LAB. SESSION vol.7 〜SWEET STEADY〜>が、本日3月4日(月)に恵比寿 ザ・ガーデンルームで開催。

同公演には『KAWAII LAB.』所属のFRUITS ZIPPER、CANDY TUNE、SWEET STEADYが出演。3月1日(金)に1stシングル 「始まりの合図」をリリースしたSWEET STEADYは、記念すべきデビューライブとなる。

本記事では、同公演前に実施された3組登壇の記者会見の模様をお伝えする。

――本日は初めての3組合同ライブですが、それぞれ意気込みをお願いします。

鎮西(FRUITS ZIPPER):
今日初めてKAWAII LAB.の3組が揃って、さらにKAWAII LAB. MATESの子たちも一緒にライブをするということで、きっとみんな緊張していると思うんですけど、KAWAII LAB.にはNEW KAWAII個性豊かなアイドルが揃っているので、これをきっかけにたくさんの方に知ってもらえたらと思っています。そして、私たちも(結成から)2年経つんですけど、いよいよ先輩なので、いい背中を見せられるように頑張りたいと思います。

南(CANDY TUNE):
初めての後輩ができるということで、私たちはいつもどおり全力でライブをやることが、1番後輩たちに背中を見せられるのかなと思っています。みんなのSNSを見て、私自身緊張しちゃっているんですけど、緊張せずにいつもどおりのライブができるように頑張りたいと思ってます。

塩川(SWEET STEADY):
私たちSWEET STEADYは今日3月4日がデビューライブなんですけれども、メンバー自身すごく緊張していて。年末ぐらいからたくさんレッスンを重ねてきたので、今日という1日を大切に過ごせればいいなって思っています。そして、今日は素敵な先輩方がたくさんいらっしゃって心強いので、先輩方のお力を借りながらしっかりとステージパフォーマンスができればと思います。頑張ります。

――FRUITS ZIPPERは、5月に日本武道館公演があります。

真中(FRUITS ZIPPER):
私たちは、デビュー前からずっと武道館を1つの大きな目標にしていたんですけれども、まさかこんなにも早く、そしてとても贅沢な2デイズも単独ライブをやらせていただけるとは思っていなかったので、ホントにワクワクとドキドキと、そして少しのプレッシャーを感じています。でも、来てくださったみなさんが全員幸せになってお家まで帰って、またふるっぱーのライブに遊びに行きたいと思っていただけるようなライブにできたらと思っています。2年間の集大成をみなさまにお見せできるように頑張りますので、ぜひお越しください。

――CANDY TUNEは活動開始から1年が経ちました。

小川(CANDY TUNE):
今日がSWEET STEADYちゃんのデビューライブということで、1年前の私たちのデビューライブを思い出してみたんですけど、人生で1番濃くて早い1年だったと思っています。この1年間で、個人としてもグループとしても本当に夢のような経験をたくさんさせていただいたのは、事務所の方々、関係者のみなさま、メンバーの支えがあったからこそなので、これからも周りの方への感謝を忘れず、もっともっとCANDY TUNEの絆を深めて、アイドル界とアソビステムを盛り上げていけるようになれたらいいなと思っています。

――本日デビューするSWEET STEADYは、これからどんなグループになりたいですか?

山内(SWEET STEADY):
SWEET STEADYは今日がデビュー日ということで、とても緊張していて、まだ右も左もわからないような感じなんですけど、KAWAII LAB.にはFRUITS ZIPPERさんとCANDY TUNEさんのような素敵な先輩方がいるので、その先輩方に早く追いつけるように、私たちも世界中にたくさんの幸せを届けられるように頑張りたいです。よろしくお願いします。

――SWEET STEADYの強みを教えてください。

柳川(SWEET STEADY):
先輩方がすごすぎてちょっと言うのが恐れ多いんですけれども、私たちのコンセプトが花束となっているので、やっぱり美しい感じを演出できたらいいなと思っております。先輩方のFRUITS ZIPPERさんとCANDY TUNEさんとはまた違う可愛らしさ、綺麗さを出せたらいいなと。今後は私たちも先輩方のように世界に行けるように、原宿から世界へ飛び出していけるように頑張りたいです。

――世界というと、どこでやりたいですか?

柳川(SWEET STEADY):
やっぱりうちの音井結衣がアメリカに5年間いたということで、アメリカに帰省したいねってみんなでよくお話をしているので、頑張りたいです(笑)。

ーー今日はKAWAII LAB.の3グループが揃っていますが、上下関係は厳しいのでしょうか?

鎮西(FRUITS ZIPPER):
厳しくないよね?(笑)

柳川(SWEET STEADY):
いつも本当に優しくて気さくに話しかけてくださるので、とても嬉しいです(笑)。

ーーFRUITS ZIPPERは昨年末に『第65回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を獲得しましたが、変化はありましたか?

仲川(FRUITS ZIPPER):
いろんな方からライブの感想をいただくことが増えたんですけど、貫録が出るようになったって言われるようになりました。みんな堂々とライブができるようになったんだなって思うと、アイドルとしてちょっと1ランク上がったのかなと。貫録って、けっこう嬉しい言葉だと思います。

 
   

ランキング

ジャンル