top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ゆりにゃの詐欺案件PR騒動 コレコレ配信で返金トラブルがまた告発される

yutura

3月3日に「コレコレ」(登録者数215万人)が実施した生配信で、「ゆりにゃ」(同42万人)の“詐欺案件”の返金をめぐるトラブルの続報が取り上げられました。

昨年9月“詐欺案件”を紹介し炎上

昨年9月、ゆりにゃはインスタグラム上で、会員登録すれば3万1000円のキャッシュバックが受けられるという「限定キャンペーン」を紹介しました。この説明には「Tポイント」と「三井住友銀行」の名前が使われており、ゆりにゃは「大企業同士の世界規模案件」「かなりの大企業様なので個人情報の保護はしっかりしてるから安心して大丈夫」などと安全性をアピールしていました。

ところが、蓋を開けるとこのキャンペーンは“詐欺案件”だったことが明らかに。実際に手続きを進めると、消費者金融の口座開設に誘導され、指示通り口座を開設すると、名前や銀行口座に関する個人情報をLINEで送るよう求められる流れになっていたもよう。これに応じたユーザーは、何者かから勝手に自分名義でお金を借りられてしまったようです。

その後、ゆりにゃの彼氏「太一(たいち)」が、キャンペーンの告知は自身の判断で投稿したもので、ゆりにゃは関与していないと釈明。昨年11月に公開された謝罪動画では、詐欺被害者に被害金額を「寄付」すると表明しました。

その後、実際に被害者に返金対応している様子がXに投稿されたことから、炎上は収束したものと思われましたが、今年2月、コレコレの配信にまだ返金されていないと訴える相談者が現れました。30万円の被害を受けたという同相談者は、太一に何度か返金状況を問い合わせていると「しつこいから」と、一方的に返金を“保留”にされてしまったそうです。

新たな被害者が登場

広告の後にも続きます

3月3日に実施されたコレコレのYouTubeライブ配信で、新たに2名の被害者が相談を寄せていたことが明らかにされました。この2人もコレコレが以前紹介したケース同様、未だに返金対応がされていなかったとのこと。

配信に通話で出演したのは、30万円の被害を受けたという女性1名。昨年の時点では「年内には対応できます」と言われ待っていたものの、結局連絡は来なかったといいます。

この被害者は不信感から、Xの被害者グループ内のチャットで「金銭的な面では自発的に補償させるしかないんですかね。せめて法律の面では制裁を受けてほしいんですが」「もし集団訴訟できそうな場合、初期費用の数十万円は頭数で割るので、1人あたりの負担はかなり減りそうですよ」などと投稿していたそう。

これが2人の目に留まったようで、年始に返金について再度問い合わせたところ「返金は後回しにします」と言われてしまったそうです。このとき、太一からは

こういうふうに言ってくる危険な方とはもうお会いすることもできないですし、もう少しこちらの状況を理解して発言をしてほしかったです

とメッセージが届いたとのこと。

「一部お支払いする」と連絡も、振り込まれたのはたった1万円

先月の配信で、ゆりにゃの件を告発した被害者に関しての進展があったと明かしたコレコレ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(動画)

ジャンル