top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「お客さまに寄り添うことができるのがこの仕事の魅力」  動く職場グリーン車で新人アテンダントが躍動

もっとエンタメ

 撮り鉄や乗り鉄、飲み鉄など、鉄道好きのジャンルは多彩でにぎやかだ。それだけ鉄道を楽しむツボは人それぞれ千差万別ということだが、それらの多彩なファンを生み出す鉄道の引き出しの多さにも驚かされる。150年余りの鉄道史の中で行われてきた列車の改良や付帯サービスの充実など、鉄道会社をはじめ関係者が鉄道の魅力を増す工夫を重ねてきた結果だろう。

 列車内での飲食提供・販売サービスも、時代の変化に合わせて多くの工夫がなされてきたものの一つ。列車内食堂をはじめ沿線の地元食材を使った弁当の車内販売など、列車での旅情に味わいを添えてきた。

 駅構内売店の品ぞろえの充実などを理由に、東海道新幹線のワゴン販売は昨年10月限りで鉄道ファンに惜しまれつつ終了したが、JR東日本の首都圏8路線(東海道線・横須賀線・総武快速線・湘南新宿ライン・宇都宮線・高崎線・常磐線・上野東京ライン)の普通列車グリーン車での車内販売は根強い人気で、現在も販売額は順調に伸びているという。

 「朝は缶コーヒー、夜は缶ビールやチューハイ、ハイボール、ジンソーダのお酒がよく売れますね。熱海などの観光地に向かう路線では昼ごろから缶ビールを楽しむ観光客の方も多いので、午前でも缶ビールを他の路線より少し多めにバスケットに入れて車内を回ります」

 こう笑顔で話すのは、「グリーンアテンダント」の髙城友歌さん(24)。グリーンアテンダントは、JR東日本のグループ会社・JR東日本サービスクリエーション(東京都千代田区)の従業員で、グリーン車内でグリーン券の改札・販売のほか、飲み物やお菓子・おつまみ、軽食の販売を行っている。

広告の後にも続きます

 

 主に東海道、横須賀、総武快速線の3線のグリーン車に乗る髙城さんは、首都圏路線で活動する数多くのグリーンアテンダントの1人で昨春この仕事に就いた。まだ就業1年に満たない新人だが、先輩の教えをよく吸収して目立つ存在の1人(JR東日本サービスクリエーション総務チームの小林幹太さん)だという。

 季節や天気、時間帯、曜日、乗客の…

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル