top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

グランプリに宮崎県代表の上田蒼大さん 全国選抜小学生プログラミング大会

もっとエンタメ

 小学生が自らプログラミングして制作したアプリやゲーム、ロボットなどの作品を披露する「2023年度全国選抜小学生プログラミング大会」(全国新聞社事業協議会主催)の全国大会が3月3日、東京都内で開かれた。最優秀のグランプリ(文部科学大臣賞)には、生成人工知能(AI)を使いさまざまな場面で会話を楽しむことができるアプリを制作した宮崎県代表の上田蒼大(そうた)さん(宮崎市立江平小5年)が輝いた。

 この日の全国大会には、1034組の応募の中から、46の各都道府県大会(予選)を勝ち抜いた46組55人が出場。作品のテーマは、少子高齢化対策や食品ロス削減、動物と共生する社会の実現、世界平和の追求、交通事故防止、交通渋滞解消、認知症対策などの社会課題が多かった。各出場者は約3分間、作品をモニターで紹介しながら、作品の制作意図や制作上の工夫・苦労などを説明した。

 

 グランプリを受賞した上田さんのアプリ「Be Free」はAIの音声会話機能を活用。このアプリの利用者は、まちで食事する場合などの生活場面で使えるAI提示のたくさんのセリフの中から、その場に適したものを選び、AI音声で相手と会話を楽しめる。特定の状況で声が出せなくなる症状を抱える上田さんが「自由に会話を楽しみたい」との思いで開発した。

 

広告の後にも続きます

 上田さんはアプリの内容説明や審査員との質疑応答、受賞後の喜びの表明もすべてAIの音声を介して行った。「会話する生成AIは僕にとっては“希望”。僕を支えてくれた皆さん、本当にありがとうございました。これからも頑張ります」などと自身の思いを披露した。

<p…

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル