top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

髪をつい抜いてしまう「抜毛症」とは? 医師が解説する発症の原因&治療法

オトナンサー


抜毛症とは?(写真はイメージ)

【要注意】「えっ…!」これが「血糖値」が上がりやすい食べ物&飲み物です(10枚)

 自分の毛髪や体毛を抜き続ける「抜毛症」と呼ばれる病気があるのをご存じでしょうか。SNS上では「抜毛症になったけど、原因がよく分からない」「最近、抜毛症が悪化している」という内容の声が上がっており、この病気に悩む人は意外と多いようです。

 なぜ抜毛症を発症してしまうのでしょうか。治す方法はあるのでしょうか。「みぞぐちクリニック」(東京都中央区)の溝口徹院長に聞きました。

女性が発症しやすい病気

Q.そもそも、「抜毛症」とは、どのような病気なのでしょうか。発症する原因や症状について、教えてください。

広告の後にも続きます

溝口さん「抜毛症は『トリコチマロニア』とも呼ばれており、自分の髪の毛やまつ毛などを抜いてしまう症状のほか、抜いた髪の毛を食べてしまう症状を指しますが、正式な病気として確立されていません。ある統計によると、発症した人の約8割が女性で、そのうち10代の女性が4割近くを占めるということです。

人によって異なりますが、学校内でのいじめや孤立のほか、家庭内での問題による心理的な不安やストレスが原因で発症するケースが多いです。最近では、発達障害があり、人とのコミュニケーションがうまく取れない人が、抜毛症を併発しているケースもあります。

不安やストレスを感じている現状から回避するために、何となく触っていた髪の毛を抜いてみると、そのときの痛みやぷつんという感触が現実から回避できたように感じ、それが習慣化していきます。その場合、不安に感じることやストレスに感じることが起きたり、起きそうになったりするたびに、してはいけないと自覚していても、抜毛しないと気持ちが落ち着かない状態になってしまいます」

Q.では、どのような人が「抜毛症」を発症しやすいのでしょうか。

溝口さん「先述のように、抜毛症は心理的な不安やストレスが原因で発症するケースが多いため、次のような人は特に発症しやすいと言えます」

【抜毛症を発症しやすい人の特徴】
・精神的に落ち込みやすい
・周囲の反応が気になってしまう
・思っていることがあっても、自分の中にため込んでしまう
・真面目で周囲の期待に応えようと無理をしてしまう
・自分を否定されることが多い環境で育ったため、「自分の考えに自信がない」など、自己肯定感が低い
・幼い頃からおとなしく聞き分けがよい

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル