top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【インタビュー】三原羽衣、「挑戦の第一歩、自分のやりたいことを見つけて進んでほしい」映画『18歳のおとなたち』でヒロインのスイ役

YESNEWS

スイ(宮村翠)は、主人公・誠の幼馴染であり、インフルエンサー的な活動もしている、母親の愛を知らない女子高生です。引きこもりのカケルと誠に「映画を作るから出てよ!」と言われて、そこからいろいろと話が進んでいきます。インフルエンサーになった理由が後半になるにつれて分かってくるので、スイの物語にも注目していただけたらと思います。

―撮影を通して勉強になったことはありますか?

ヒロインとして作品に携わらせていただきましたが、主演の兵頭功海君は、ちゃんと座長という立ち振る舞いをされていて、そこはとても勉強になりましたね。現場での気遣いだったり、裏側のことでとても勉強になったなと思うことは多かったです。

―同世代のファンの方も多いかと思いますが、この映画が世の中に出ていくことについてはどう受け止めていますか?

成人と言われるともう大人だと思っちゃうのですが、実際にはあんまりそういうことでもなくて、今までと変わらないことがほとんどなのかなって思うんです。でもその認識があるからか、焦りだったり不安だったりをすごく感じる方たちも多くいると思うのですが、この作品を観て、少しでも不安に感じている方たちの背中を押せたらなって思っています。

広告の後にも続きます

―ちなみにご自身のファンの方には、観てほしいポイントはありますか?

わたしのファンの方も10代がすごく多いので、それこそ18歳の方もたくさんいるんです。将来の夢が見つからなくて不安、 将来どうすればいいか分かりませんというお悩みも実際に届いたりしていて、こういう作品を通して少しでも挑戦の第一歩とでも言いますか、自分のやりたいことを見つけて進んでくれることを願っています。

(C) ゴールデンシネマ

2024年3月1日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国公開

.
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル