top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【インタビュー】三原羽衣、「挑戦の第一歩、自分のやりたいことを見つけて進んでほしい」映画『18歳のおとなたち』でヒロインのスイ役

YESNEWS

家庭や友人関係に問題を抱える18歳の若者たちが成人式の実行委員となり、そこで上映する映画作りを通して、夢に向かい成長していく実話を基に描いた青春感動ストーリー、映画『18歳のおとなたち』が公開中だ。ヒロインの宮村翠(スイ)役を演じる、自身もSNS累計フォロワー数210万人超のトップインフルエンサーで俳優としても活躍する三原羽衣に話を聞いた。

―本作は、ご自身の世代的にも身近なテーマの作品かと思いますが、実際に今の若い人たちの中には、映画で描かれるような戸惑いみたいなのは本当にありそうですよね。

そうですね。わたしが19歳の時に、18歳から成人になると引き下げられたのですが、やっぱり18歳の子などは何が変わるのだろうと不安になる方もいるかなって思いました。わたし自身は、その年齢が引き下げられた1年後の撮影だったので、 これほど早くにこういうテーマで作品ができるのかって驚いた記憶があります。

―ご自身は、そういう心境になったことはなかった?

わたしの場合は20歳になるタイミングで「もう大人だ」「これからはもう子供のままじゃいられない」と最初はとても気を張っていたのですが、それだと逆にちょっと疲れちゃうだけなんですよね。特に周囲の対応もあんまり変わらないし、 自然と気持ち的にも大人になっていくものなのかなと思うので、焦ってすぐに大人になろうと思わなくてもいいのかなと思いました。

広告の後にも続きます

―出演が決まった時、心境としてはいかがでしたか?

出演はオーディションを経てだったのですが、オーディションとなると、いつもマネージャーさんと何度も事前に練習して準備するのですが、なかなか上手くいかなくて(笑)。今回はどうだろうって思っていたら、「お願いします」と連絡が来て、すごくうれしかったです。練習したかいがあったなって思いました。

―改めて今回演じられた役について教えてください。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル