top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

『君が心をくれたから』山田裕貴の雰囲気を変える“陰”の芝居 太陽の変化と成長

Real Sound

『君が心をくれたから』©︎フジテレビ

 『君が心をくれたから』(フジテレビ系)の物語が終幕に向けて大きく動き出している。雨(永野芽郁)が五感をだんだん失っていくのは、珍しい病気などではなく、事故に遭った自分を助けるためだと知った太陽(山田裕貴)。事実を知った直後は、自分のせいで雨を不幸にしてしまったように感じたのか、ふさぎこんでいる様子で雨を心配させたが、数日で何かが吹っ切れたように元気になった。“過酷な奇跡”を目にしている視聴者とっての救いは、雨と太陽が笑顔でいることだろう。2人に元気が戻ってきているようで一安心だ。

参考:『君が心をくれたから』雨がついた残酷な“優しい嘘” 謎の案内人・千秋が明かした正体

 長崎で代々続く老舗煙火店・朝野煙火工業の跡取り息子として生まれた太陽は、亡き母との約束を果たして、父の跡を継ぐべく、一人前の花火師になるという夢を持って修行に励んでいる。だが、学生時代に気になっていた雨に対してだけは素直に話しかけられないような不器用な面も持っていた。アプローチの甲斐があり、雨とは「友達以上恋人未満」の関係を続けていたが、ついにはっきりと自分の想いを伝えられないまま、雨は上京してしまった。しかし、離れていた8年の間、片時も彼女のことを忘れたことはなく、長崎に帰ってきた雨と再び運命的な再会を果たした。

 高校時代の太陽は、学校一の人気者、とまではいかないだろうが友人たちから、快晴を意味する「ピーカン」と呼ばれ、基本的に前向きで明るく、元気な青年だった。ただ、こうして太陽と雨の関係をみていると、なぜか太陽が“陰キャ”に見えてこないだろうか。きっとそれは幼いころに母を亡くしていることや、目の病気によって赤色を識別できず、花火師としては茨の道を歩んでいることなど、他人にはめったに見せない“陰”の部分が影響しているのだろう。

 太陽は雨に対してはどうしてか、この“陰”の部分を隠すことができなかった。学生時代にやっと雨に話しかけたと思ったら、気持ちが先走っているのが丸わかりだったのか、雨に気持ち悪がられたこともあるくらいだ。こうして自然にありのままの自分が出てきてしまう相手こそが、“運命の相手”と言えるのかもしれない。山田裕貴は、こういう時の太陽をやや伏し目がちにおろおろした様子で演じている。

広告の後にも続きます

 念願叶って雨と付き合い出してからも、太陽はちょっと自信なさげだった。だが、「雨と一緒に生きていく」と決意したらしい第8話では様子が違った。もうすぐ視覚を失う雨のために、一度は諦めた「自分の花火をあげる」という夢をまた追いかけ始めた。さらに陽平(遠藤憲一)と春陽(出口夏希)に、雨にプロポーズするつもりであることも伝えた。この時の太陽と、かつての彼を山田は意識して演じ分けているように感じた。

 おどおどせず、2人をしっかりと見つめ、自分の気持ちをはっきりと宣言する太陽。その姿にいつもの“陰”は感じられなかった。案内人との約束で、その原因については言えないが、雨が五感を失うことは周りの人に伝えることができる。太陽は雨と違って、自分たちに関わる人たちに積極的にそのことを伝えていった。雨と長く一緒にいることを考えると、ずっと隠しておくことはできないし、かえって不都合が生じると考えたのではないだろうか。これまで、なかなか一歩先行く行動ができなかった太陽。しかし、“過酷な奇跡”を背負う雨のことを知り、いつの間にか未来のために動くことができるようになっている。

 一般的にはこのような太陽の変化を成長というのだろう。でも雨は、太陽の雰囲気が変わったことに違和感を感じ、無理をさせていると思っている。いずれ24時間介護が必要になる雨のために、一緒にいたい太陽と、未来ある太陽のために、時が来たらいなくなりたい雨。どこまでも互いに優しいだけなのに、どうしてこんなにもうまく嚙み合わないのだろう。どうにか2人が笑顔でいられる選択をしてほしい。そう願うばかりである。

(文=久保田ひかる)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル