top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

もうスライスは怖くない!? シリーズ一番のドローバイアス設計『パラダイム Aiスモーク MAX D ドライバー』【ヘッドデータ分析で判明】

みんなのゴルフダイジェスト

もうスライスは怖くない!? シリーズ一番のドローバイアス設計『パラダイム Aiスモーク MAX D ドライバー』【ヘッドデータ分析で判明】(C)みんなのゴルフダイジェスト

『パラダイム Aiスモーク MAX D ドライバー』は「パラダイム Ai スモーク」シリーズ一番のドローバイアス設計となっている。同じつかまり系として『MAX FAST(ファスト)』がラインナップに加わっているが、この2本の違いは「カチャカチャ機能」の有無にある。今回はクラブ設計家の松尾好員とともに『パラダイム Aiスモーク MAX D』と同シリーズの『MAX FAST(ファスト)』の違いを検証してみた。

パッと見、同じヘッド形状に見えるけど…

「パラダイム Aiスモーク」シリーズには、ドローバイアス設計のモデルが2本ラインナップに存在する。それは『MAX D』と『MAX FAST』だ。共につかまり性能を特徴とし、あらためて顔を見比べても「どっちがどっちだ?」と迷うほどそっくりな形状をしている。Aiスモーク「ドローバイアスツインズ」のそれぞれの特徴をまず整理しておこう。

『MAX FAST』は、歴代パラダイムシリーズの中で最軽量のヘッド重量とクラブ重量で設計されている。軽量モデルであるのと同時に名前に「FAST」と入っているように「軽く、速く振れる」ことが最大の特徴だ。
クラブ設計家の松尾氏の分析によれば「MAX FASTはクラブの慣性モーメント、ヘッドの慣性モーメントのどちらもMAX Dより小さくなっているため、抵抗感が少なく振りやすい」。つかまり性能とシリーズ最軽量という組み合わせで、「軽く振っても球をしっかりつかまえられる」ドライバーとなっている。
一方、『MAX D』にはカチャカチャ機能がついている。ニュートラルポジションでもつかまりはよく、それでも足りなければ、さらにつかまるポジションに変えることが可能で、逆に球がつかまりすぎるようであれば、それを抑えることも可能になる。カチャカチャ機能を弾道調整に使用しているゴルファーは実際のところ少ないようだが、ドローバイアスモデルに関しては、まだお助け機能を必要とするゴルファーの使用も考えられるため、その日の調子や、上達の進捗によって、調整できるのはうれしい機能と言える。

どちらもやさしく、どちらも球がつかまるということでは、Aiスモーク、ドローバイアスツインズの『MAX D』と『MAX FAST』は似た者同士という感じはあるが、キャロウェイが調合した飛びのカタチをそのまま使うなら『MAX FAST』、ちょっと自分の調整も加えたいという場合は、『MAX D』という選択になるだろう。

つかまったドロー系が打てる

ここからは『パラダイム Aiスモーク MAX D』の実測データをもとに凄腕シングルでもある松尾氏にクラブ分析と試打レポートをしてもらいます。試打および計測ヘッドはロフト角10.5度、シャフトは「標準TENSEI 50」でフレックスSです。掲載数値はすべて実測値となります。

広告の後にも続きます

クラブの長さは45.0インチ、クラブ重量も302.7グラムとそれぞれ「標準的」ですが、スウィングウェイトがD2.6と「大きい」。それに伴い、クラブの振りやすさの目安となるクラブ全体の慣性モーメントが289万g・㎠と「やや大きく」なっています。計測数値のみで推察すると、本来はドライバーのヘッドスピードが44〜45㎧くらいのゴルファーにとってタイミング良く振りやすくなっています。

ヘッドを見てみると、兄弟モデルの『MAX』よりもヘッドの横幅が広く、全体的にひとまわり大きく感じられ、『MAX FAST』のヘッドと似た雰囲気があります。フェースは『MAX』よりもフックフェースになっており、ヘッドのトウ側が高いのでアドレスでアップライトに感じます。ヘッドの重心は前作の『パラダイム X』や『MAX』よりもヒール寄りになっているので、「パラダイム Aiスモーク」シリーズで一番のドローバイアス設計になっています。

実際試打したところ、シャフトは軟らかい設定ながらも振りやすく、インパクトの再現性は良く感じました。ヘッドスピードが40㎧くらいのゴルファーも扱えそうです。
重心位置が『MAX』や前作の『パラダイムX』よりもヒール寄りなので、つかまったドロー系が打ちやすいドライバーと言えるでしょう。左右方向のヘッド慣性モーメントが5275g・㎠と「大きい」ので(基準値:4600〜4799g・㎠)、芯を外したミスショットに対するやさしさは継承されています。

ここで注意すべき点が、ヘッドのネック軸回りの慣性モーメントが8439g・㎠と「非常に大きく」なっています(基準値:7000〜7299g・㎠)。これによりダウンスウィングでのヘッドの返りが遅くなるため、スウィング中のフェースの向きに気をつけながら打つ必要があります。インパクト音は『MAX』よりも軽い感じがあり、フェースの反発性能は『MAX』と同じ感じでした。

『MAX D』は「パラダイム Aiスモーク」シリーズで一番のヒール寄りの重心設計に加え、「Aiスマートフェース」による有効打点エリア拡大によって、右へのミスを恐れずに振り切れるドライバーと言えるでしょう。

※週刊ゴルフダイジェスト 2024年3月12日号「ヘッドデータは嘘つかない!」より

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル