top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

「光る君へ」直秀巡る残酷展開にショック… 「うそでしょ」

シネマトゥデイ

第9回「遠くの国」より – (C)NHK

 吉高由里子が紫式部(まひろ)役で主演を務める大河ドラマ「光る君へ」(NHK総合・日曜午後8時~ほか)の3日放送・第9回では、散楽の一員にして義賊だった直秀(毎熊克哉)が衝撃的な展開を迎え、SNSでは突然のことに「放心状態」「鬱です…」と悲痛の声であふれた(※ネタバレあり。第9回のネタバレを含みます)。

 第9回「遠くの国」は、前話のラストで直秀らが藤原兼家(段田安則)の邸宅・東三条殿に盗みに入ったところを道長(柄本佑)らに捕らえられてからの展開。直秀らの身を検非違使に引き渡す道長だったが、密かに看督長に心づけを渡して「早めに解き放ってほしい」「手荒な真似はしないでほしい」と交渉していた。後日、道長は直秀らが流罪になることが決まったとの知らせを受け、彼らが旅立つ日にまひろと見送りに行く心づもりでいた。しかし……。

~以下、第9回のネタバレを含みます~

 見送りに向かうと直秀らはもう出発したといい、向かった先を尋ねると鳥辺野だという。それを聞いた道長は血相を変え「鳥辺野は屍の捨て場ではないか!」とまひろを馬に乗せ無我夢中で森の中を駆るも、二人が目にしたのは直秀をはじめ皆殺しにされた散楽の人々の惨たらしい姿だった。

 前の場面では道長が「直秀の望み通り海の見える国だと良いが……」と願う場面もあったため、まさかの事態に「えええええ」「マジか直秀」「直秀退場?」「やだやだやだ」「推しが…」「嫌な予感はしていたとはいえきつい」「退場が早い!」「あんまりだ…」「まじで無理なんだけど…」「ひどすぎる」「この回はもう見れないな」などショックにうちのめされる視聴者の声が相次ぐこととなった。

広告の後にも続きます

 なかには「大丈夫だよね? 死んでないよね?」と直秀の死を信じられず、息を吹き返す可能性に望みを託す声もあったがそんな願いもむなしく、まひろと道長が無言で土を掘り続け、直秀らを葬る悲痛な姿が映し出された。道長の同僚によると本来であればむち打ちですんだと言い、道長が良かれと思って行ったことが取り返しのつかない事態を引き起こすことになり、埋葬し終えると「みんなを殺したのは俺なんだ」「余計なことをした!」「すまない!」と慟哭する道長にもらい泣きする声も続いた。

 もうすぐ都を離れ、海の見える国での新生活に思いを馳せていた直秀。これまで貴族を嫌悪しながらも数奇なめぐりあわせからまひろと道長のキューピッド的な役割も担い、まひろの亡き母(国仲涼子)と道長の兄・道兼(玉置玲央)の秘密を知る数少ない人物でもあった。まひろが藤原公任(町田啓太)、藤原斉信(金田哲)らに陰口をたたかれたときには慰めの言葉をかけるなど、多くを語らず寄り添っていた。「帰るのかよ」「邪魔しちゃった?」「一緒に行くか」といった名ゼリフにときめく視聴者も多かっただけに、この突然のロスはしばらく視聴者を捉えて離さなそうだ。(編集部・石井百合子)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル