top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

BS松竹東急:映画好きなら見逃せない! 今見てほしいこの3本!! —アカデミー賞を振り返る!

キネマ旬報WEB

世界が注目する映画の祭典、第96回の米国アカデミー賞ノミネートが発表された。作品別に見ると、原爆の父を描いた伝記映画「オッペンハイマー」が最多の13部門でノミネートされ、以下「哀れなるものたち」11部門、「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」10部門となっている。3月の授賞式が楽しみだが、今月はこれにちなんで過去のアカデミー賞受賞作品が放送される。

今回ノミネートされた「哀れなるものたち」は、若い女性の体に胎児の脳を移植されたベラが世界中へ冒険の旅に出て、女性として自由な生き方を見つけていくというもの。主演のエマ・ストーンが男性たちの偏見に囚われず、自らのものの見方で心を解放していくヒロインを、生き生きと演じた快作だ。そんな女性の解放を描いた先駆的作品が、アカデミー賞脚本賞に輝いた「テルマ&ルイーズ」(91)。週末にドライブ旅行へ出かけた平凡な主婦のテルマとウェイトレスのルイーズ。テルマを襲おうとした男性をルイーズが射殺したことから、指名手配犯として逃亡者になってしまう。それによって二人が自分らしい生き方に目覚めていく様を映し出した、リドリー・スコット監督の才気溢れるロードムービーである。

 

「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」は1920年代にアメリカで実際に起きた先住民連続殺人事件を、マーティン・スコセッシ監督が描いた大作。事件の裏には白人による先住民への人種差別があるのだが、アカデミー賞で作品賞、助演男優賞、脚本賞に輝いた「グリーンブック」(18)も人種差別が背景にある実話の映画化。黒人差別の風潮が色濃い1960年代、失職したナイトクラブの用心棒トニーは、黒人のピアニストであるドクター・ドナルド・シャーリーに、コンサートツアーの運転手として雇われる。彼らが8週間旅するのは、特に黒人差別が激しいアメリカ南部。粗野で無教養、人種差別思想の持ち主であるトニーは、音楽家として人としてプライドを失わないドナルドと旅を続けるうちに、二人は人種を超えた絆で結ばれていく。トニー役のヴィゴ・モーテンセンと、助演賞を受賞したマハーシャラ・アリによる芝居の掛け合いも見事な感動作だ。

 

広告の後にも続きます

またヴィム・ヴェンダース監督、役所広司主演の日本映画「PERFECT DAYS」が国際長篇映画賞にノミネートされたのにも注目。これは、東京・渋谷区の公衆トイレで清掃員をしている男の静かな日常を映した人間ドラマだ。この国際長篇映画賞(当時は外国語映画賞)を初めて日本映画として受賞したのが、滝田洋二郎監督の「おくりびと」(08)。楽団の解散によって職を失い、故郷の山形県酒田市に帰ってきたプロのチェロ奏者が、納棺師へと転職。最初は仕事に戸惑っていた主人公が、やがて人間の死と向き合う納棺師として成長していく姿を、この映画に企画から参加した主演の本木雅弘が、入魂の演技で表現した。キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位をはじめ、監督賞、主演男優賞、脚本賞にも輝いた逸品を多くの方に観てもらいたい。

他にも過去の受賞作品を観ておくと、今年のアカデミー賞授賞式に向けて、期待がさらに膨らむこと請け合いだ。

 

文=金澤誠 制作=キネマ旬報社
(「キネマ旬報」2024年3月号より転載)

  • 1
  • 2