top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

Snow Manラウール主演で『赤羽骨子のボディガード』映画化決定!ビジュアルと超特報解禁

MOVIE WALKER PRESS

Snow Manのラウールを主演に迎え、丹月正光原作の同名人気コミックを映画化した『赤羽骨子のボディガード』が8月2日(金)より公開されることが決定。このたびイメージビジュアル、超特報、メイキング映像が一挙解禁となった。

原作コミックは週刊少年マガジンで連載中の学園アクションコメディで、初の映像化となる。とある事情で命を狙われることになった赤羽骨子(あかばね・ほねこ)。大好きな彼女のために、ボディガードとなった威吹荒邦(いぶき・あらくに)に与えられたミッションは、彼女にバレることなく守ることだった。果たして無事にクリアすることはできるのか!?ラウールが金髪ヤンキー高校生の主人公、威吹荒邦役を演じる。


解禁された超特報映像では、白い制服を着た金髪姿のラウールの、普段からは想像できない凄みを利かせた情熱的な表情が映しだされている。持ち前のスタイルを十分に生かしたアクションにも期待が高まる!

ラウールはパリコレへの参加や、TGCでのダンスステージなど、グループとしてだけではなくソロでも大活躍中だが、映画は『ハニーレモンソーダ』(21)以来、3年ぶりの単独主演作となる。原作の威吹は金髪ヤンキー不良高校生ということで、久々に金髪姿となり、先日の音楽番組出演時にはその姿がトレンド入りするなど、解禁前から話題沸騰だ。

ラウールは出演にあたり、「お話をいただいたときはとてもうれしかったです。自分にとっては経験したことのないジャンルで刺激的な役柄だったのですが、しっかりと向き合えば、自分も少しは役に立てるかもしれないなと直感的に思ったので、とてもいまわくわくしています」とコメント。

ボディガード役のため、すでにアクション練習も開始しており、1回2時間の練習を10回以上実施。
「僕は体格が大きいこともあり、アクションはまだまだ課題がたくさんあります。撮影まであと1か月ほどあるので、必死に練習して、かっこいいアクションを皆さんに届けられるように頑張ります」と意気込みは十分だ。

フジテレビの加藤達也プロデューサーは、ラウールの起用理由について「おもちゃ箱をひっくり返したようなクセの強い登場人物を束ねる威吹荒邦という役を、誰に演じていただくのがいいかと考えた時に、どんなキャラにも負けない“規格外”の存在感が必要だと感じ、ラウールさんにお願いしたいと直感的に思いました」とコメント。

また、原作者の丹月は映画化にあたり「監督、脚本、構成、音楽、どれをとっても錚々たる顔ぶれ。この方たちの手がけた作品に目を通したことがない人はいないんじゃないかというくらい本当に豪華!僕自身ファンということもあり、この方たちなら僕の作品を預けることになにをためらう必要があると、映像化のお話を即決させていただきました!」とコメント。

監督は『エイプリルフールズ』(15)、『ミックス』(17)、『変な家』(3月15日公開)の石川淳一。コメディや緻密な人間ドラマに定評のある監督が、ラウールと初タッグを組む。
「『赤羽骨子のボディガード』という非常にアツく、楽しく、躍動感あふれる作品を実写映画化するにあたり、ラウールさんという大きな武器を得ることができ、いまからワクワクが止まりません!荒邦、骨子、3年4組のクラスメイト、正親や尽宮、そして敵対するキャラクターまで魅力を損なわずお届けできるようスタッフ、キャスト全員で取り組んでいきます」とこれから始まる撮影に期待を寄せている。

撮影は3月中旬からスタートする予定で、監督のコメントの通り主演のラウール以外にもバラエティあふれるキャストが勢ぞろいしているとのこと。

ラウールは共演者に対し「本当にバラエティ豊かなキャストの皆さんだなと思いました。もちろん俳優の方だけでなく、歌手の方もいれば、芸人さんや声優さんもいらっしゃって、1つの映画にいろんなジャンルを極めた方々が集まってきているような感覚がありました。それぞれお会いするのも楽しみですし、1つの空間に全員が収まったときにどういう化学反応が起きるんだろうと、いい意味で渋滞している感じが、作品を観るときに楽しめる1つのポイントになるのかなと思います」と語っているので、こちらの続報も改めて期待していただきたい。

■<キャスト、スタッフコメント>

●ラウール(威吹荒邦役)

Q.ハニーレモンソーダ以来、3年ぶりの単独映画主演となりますが、話を聞いた時、久々の金髪にしたお気持ちを教えてください。

「お話をいただいたときはとてもうれしかったです。自分にとっては経験したことのないジャンルで刺激的な役柄だったのですが、しっかりと向き合えば、自分も少しは役に立てるかもしれないなと直感的に思ったので、とても今わくわくしています。デビュー時はずっと金髪だったので、当時の感覚を思い出して少し懐かしいなという気持ちがあります。あとは髪を乾かすのにとても時間がかかるので、家で永遠にドライヤーをしています。ヘアケアが大変です(笑)」

Q.原作は週刊少年マガジンで連載中の作品ですが、原作を読まれての感想を教えてください。

「僕は漫画を毎日読むタイプではなくて、いわゆる漫画初心者なのですが、この原作は展開と情報量が一気にわっと波のように押し寄せてくる感覚があって、ずっとわくわくが止まりませんでしたし、どんどん次が読みたくなる作品です!」

Q.脚本を読まれての感想を教えてください。

「原作を読んだときと同じわくわく感がありました。何よりこの作品を実写化するにあたって、様々なアクションや特殊な能力が出てくるので、脚本を読んでいても『実際にはどのような映像になるんだろう』と未知の感覚がありました。撮影もそうですが、最終的な仕上がりがとても楽しみです」

Q.監督とお話しされてみていかがでしたか。

「とても温かい雰囲気のある方で、何でもコミュニケーションが取りやすそうな方だなという印象です」

Q.新感覚の学園アクションコメディということで、アクションがかなり本編には出てきます。すでにアクション練習を始めていらっしゃいますが、感触はいかがでしょうか?

「僕は体格が大きいこともあり、アクションはまだまだ課題がたくさんあります。撮影まであと1か月ほどあるので、必死に練習して、かっこいいアクションを皆さんに届けられるように頑張ります」

Q.かなりの数の共演者がいらっしゃいます。現場で楽しみにされていることがあれば教えてください。

「本当にバラエティ豊かなキャストの皆さんだなと思いました。もちろん俳優の方だけでなく、歌手の方もいれば、芸人さんや声優さんもいらっしゃって、1つの映画に色んなジャンルを極めた方々が集まってきているような感覚がありました。それぞれお会いするのも楽しみですし、1つの空間に全員が収まったときにどういう化学反応が起きるんだろうと、いい意味で渋滞している感じが、作品を観るときに楽しめる一つのポイントになるのかなと思います」

Q.SnowManのメンバーに映画の話をされた時の反応を教えてください。

「メンバー間でお互いの仕事を励ましあうことが多く、この作品にもとても興味を持ってくれました。特に佐久間(大介)くんは漫画を毎日読んでいたり、アニメも大好きなので、『どういう作品なの?教えて!』と興味津々で、作品を紹介したら早速原作を読み始めていました。楽しみにしてくれているメンバーがいることがとても心強いです」

Q.映画を楽しみにされている方へ一言お願いいたします。

「『赤羽骨子のボディガード』は8月2日(金)に公開です。皆さんの夏を楽しく刺激的にできる映画になると思いますので、ぜひ楽しみに待っていてください!」

●丹月正光(原作)

「『赤羽骨子のボディガード』実写映画化です!ありがとうございます!当時このお話をいただいた時は衝撃でした。まず製作陣の豪華さ。監督、脚本、構成、音楽、どれをとっても錚々たる顔ぶれ。この方達の手がけた作品に目を通したことがない人はいないんじゃないかというくらい本当に豪華!僕自身ファンということもあり、この方達なら僕の作品を預けることになにをためらう必要があると、映像化のお話を即決させていただきました!
そしてなんといってもキャストの皆さんのバリエーション。若手からベテラン、またあらゆるエンタメジャンルから勢揃いのメンバーを見たときに『これはすごいお祭りが見れるぞ!?』と心躍りました。脚本も実写では難しい表現をキャラクターの芯を捉えて作られた物語やアイデアに、目を通すたびに『ああ、僕の漫画でもこうすればよかった!』と羨ましくなります。非常に感謝の気持ちでいっぱいです。
そして主演を務めていただくのはSnow Manのラウールさん!物語の主役としてたくさんのキャラクターと触れ合うことになる荒邦。つまり今作で最も映る時間が長いこの役どころですが、顔立ち・スタイルから荒邦が動いてる『生感』を想像するのがどれほど易かったことか。漢らしさと少年らしさ、これらのイメージを見事に兼ね備えたキャスティングで映像を堪能できるのが本当に楽しみです!コメディにラブコメ、そしてバイオレンス。いろんなジャンルをごちゃ混ぜにしたこの作品だからこそ見れるラウールさんのさまざまな表情を期待していただけるかと思います!最後に映画化、本当にありがとうございます。公開当日を夢見て、僕も映像に恥じない作品をお届けできるよう気合いを入れてペンを握ります。皆さんも楽しみにお待ちください!」

●石川淳一監督

「『赤羽骨子のボディガード』という非常にアツく、楽しく、躍動感あふれる作品を実写映画化するにあたり、ラウールさんという大きな武器を得ることができ、今からワクワクが止まりません!荒邦、骨子、3年4組のクラスメイト、正親や尽宮、そして敵対するキャラクターまで魅力を損なわずお届けできるようスタッフ、キャスト全員で取り組んでいきます」

●加藤達也(プロデューサー)

「『赤羽骨子のボディガード』を初めて読ませていただいた時の衝撃は忘れられません。もし映画化させていただけるのであれば、とにかく個性豊かなキャラクター達が縦横無尽に大活躍する映画にしたいと思いました。
おもちゃ箱をひっくり返したようなクセの強い登場人物を束ねる威吹荒邦という役を、誰に演じていただくのがいいかと考えた時に、どんなキャラにも負けない“規格外”の存在感が必要だと感じ、ラウールさんにお願いしたいと直感的に思いました。日本を飛び越え、ダンスやモデルでご活躍されている抜群のスタイルと佇まい。そして圧倒的な華やかさと美しさ。その反面、時より見せる可愛らしさのギャップ。なにをとっても日本のエンタメの常識に留まらない方だと思い、今回この『赤羽骨子のボディガード』の主役にお願いさせていただきました。ラウールさん演じる荒邦が躍動し、この夏にぴったりな、胸熱で、笑えて、スカッとできる大活劇をぜひご期待ください」

文/山崎伸子

 
   

ランキング(映画)

ジャンル