top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

春は映画やドラマのロケ地にお出かけ!手書き看板と堪能するロケ地の魅力&フィルムコミッション紹介イベントに行ってみた

MOVIE WALKER PRESS

東京&関東圏で行われた映画やドラマのロケ地を紹介する企画展「映画・ドラマの都 東京+関東 ロケツーリズムフェスティバル」が、新宿駅西口広場イベントコーナーにて3月8日(金)まで開催中だ。また特別展示として「最後の手書き映画看板師 久保板観の仕事」も併設。味わい深い手書き看板を眺めながら、ロケ地の魅力に触れることができる。

映画やドラマにとって、その作品の登場人物の一人も言えるのがロケ地だ。キャラクターに寄り添うような風景が一層そのドラマを際立たせ、観客にとっても忘れ難い大切な場所になることも多いはず。そんななか、制作サイドと街の架け橋となり、ロケ地の案内や撮影の調整に一役買っているのが、各地のフィルムコミッションだ。本イベントでは、各地域のフィルムコミッションごとにブースを区切り、東京&関東圏で行われた作品のロケ地情報や作品パネルを紹介。フィルムコミッションの活動内容を知ることができると共に、「この映画に出ていた場所はここなんだ。行ってみよう!」とお出かけしてみたくなるような企画展となっている。

本イベントを企画したのは、映画、テレビドラマなどの円滑な制作をサポートする東京都の窓口「東京ロケーションボックス」。同団体の遠藤肇は「各自治体の皆さん、地域を盛り上げるためにいろいろな努力をしながら撮影支援の活動をしています。企画展を通して、こういった取り組みがあることも知っていただけたらとてもうれしいです」と願いを込め、「また今回は、手書き映画看板もご紹介しています。映画看板というのも、大切なカルチャーの一端です。看板も楽しみながら、映画に親しんでいただけたら」と歴史も感じながら、企画を堪能してほしいと呼びかけていた。

「新宿観光振興協会」のブースにドドン!と並ぶのは、4月25日(木)から世界独占配信となるNetflix映画『シティーハンター』のポスターだ。単行本の累計発行部数5000万部突破する大人気コミックを、作品愛にあふれる鈴木亮平主演で実写化するとあって大いに話題になっている本作。主人公の冴羽リョウは新宿に住んでいるという設定で、新宿駅東口にある伝言板は、リョウへの仕事の依頼人が暗号「XYZ」を書きつける場所でもある。「『シティーハンター』と言えば、新宿」というくらい作品にとって欠かせない場所となっているが、今回の実写版でもしっかりと新宿の街が映しだされているという。ブースには新宿エンタメマップや、お花見のお供に最適な新宿さくらマップなど、春の新宿を案内する情報誌も用意されている。イベントの後には、ロケ地を探しながらふらりと街歩きをしてみたくなること必至だ。

「すみだフィルムコミッション」のブースでは、山田洋次監督にとって90本目の監督作となる映画で、吉永小百合と大泉洋が親子役として共演した『こんにちは、母さん』(23)のロケ地も紹介されている。山田監督が墨田区向島での撮影にこだわった本作では、白髭神社や言問橋、隅田公園、墨田聖書教会など、実在する場所を背景にしてドラマが紡がれていた。また台東区も現在、盛んに映画やドラマの撮影が行われている地域。「台東区フィルム・コミッション」ブースでは、ヴィム・ヴェンダース監督が役所広司を主役に迎えた『PERFECT DAYS』(公開中)のポスターが来場者をお迎え。隅田公園や、石川さゆり演じるママのお店「紅の灯ノヴ」の写真も飾られている。墨田区や台東区は、昔ながらの街並みや観光スポットを多く有することから、国内外の制作陣から注目を集めている様子だ。

「日野映像支援隊」ブースでは、映画『PLAN 75』(22)やドラマ「妻、小学生になる。」、「Dr.チョコレート」、Netflixシリーズ「御手洗家、炎上する」など、日野市で撮影が行われた数々のドラマや映画のロケ地を撮影秘話と共に紹介。高齢化問題に切り込んだ早川千絵による長編初監督作『PLAN 75』におけるカラオケのシーンは、日野本町にある中央福祉センターで撮影が敢行されたとのこと。展示には、カラオケのシーンが楽しかったという主演の倍賞千恵子によるクランクアップコメントもアリ。堤真一主演の家族の再生物語「妻、小学生になる。」のパネルには、ドラマ終盤の初詣シーンで除夜の鐘を実際に住職に突いてもらったことなど、地元の協力があったことが記されている。もう一度作品を見返してみたくなるような解説にも、注目してみよう。

さらに、関東圏のロケ実績も案内されている。千葉県で行われる映画やドラマなどの撮影は年間1800件以上にものぼるというが、「千葉県フィルムコミッション」ブースではそのなかから船橋市にクローズアップ。掲示された船橋ぶらりマップを参考にすれば、橋本環奈が警察官を演じたドラマ「トクメイ!警視庁特別会計係」に登場した喫茶店や、間宮祥太朗主演の青春ドラマ「ナンバMG5」に複数話で登場した船橋港親水公園をめぐることができる。「風間公親−教場0−」やNHK連続テレビ小説「半分、青い。」などシーンの細かい説明や裏話も、実に興味深い。また千葉県船橋市立船橋高等学校の応援曲として代々受け継がれている「市船 soul」を作曲した青年の実話を映画化した『20歳のソウル』(22)は、船橋市内を中心に実在した人物のドラマを活写。主演の神尾楓珠は、印象に残ったロケ地として海老川ジョギングロードを挙げているのだとか。同所は市内有数のお花見スポットでもあり、感動的な映画の世界に浸りつつ、春のお出かけアイデアに加えたくなる。

イベント会場のあちらこちらに設置された手書き映画看板も、足を運んだ者をググッと映画の世界へと誘ってくれる。一筆一筆、丁寧かつ迫力たっぷりに描かれた看板に圧倒され、じっくりと見渡せば名作の余韻にきっと浸れるはず。ロケ地の詳細や撮影の裏側、手書き看板など、ぜひこの機会にあらゆる角度からお気に入りの作品を掘り下げてみてたい。

取材・文/成田おり枝

 
   

ランキング(映画)

ジャンル