top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

女子ゴルフ「主役はワタシ」色香満載フルスイング(1)山下美夢有は精度の高いアプローチが武器

アサ芸Biz

 春の訪れを告げる国内女子ゴルフツアーが開幕した。3年連続の女王を目指す山下美夢有を頂点に、岩井ツインズや原英莉花、歴代最多年間ラウンド数を窺う小祝さくらなど多士済々。さらに、5年ぶりにアン・シネが復帰し、8月の「パリ五輪」の代表争いも熾烈とあって、24年シーズンも見どころ満載だ。

 2月29日、今季の国内女子ゴルフツアーが「第37回ダイキンオーキッドレディス」(琉球ゴルフ倶楽部)から開幕した。今年は37試合が予定され、賞金総額44億円と、女子ゴルフ人気は健在である。

 主役は新世紀世代の山下美夢有(22)だ。2年連続で女王に輝き、獲得賞金も2億円超え。こちらも2年連続で史上初の偉業を達成した。ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏が解説する。

「様々な最年少記録を塗り替えている彼女の武器は、アプローチの精度の高さ。史上最強と呼ばれるアニカ・ソレンスタム(53)は『ゴルフの土台はアプローチ、その延長にドライバーがある』と説いたものだが、山下も『100ヤード内の練習が基本です』と女王の言葉を体現している」

 結果、デビュー2年目の22年に平均ストローク「69.9714」をマークし、昨年は「69.4322」の歴代最少記録を達成した。スポーツ紙記者が賛辞を送る。

広告の後にも続きます

「昨年のスタッツを見ると、平均飛距離こそ238.26ヤードで53位ですが、フェアウェイ(FW)キープ率も平均パット数も1位です。1ピン(ピンフラッグの長さは約2.4メートル)に寄せる自慢のアプローチを中心に、彼女の言葉を借りれば『3パットしないゴルフ』さえすれば、3年連続女王が待っている」

 身長150センチと小柄な女王のライバルといえば、岩井ツインズの姉で、飛ばし屋の岩井明愛(21)だ。デビュー2年目の昨年はツアー3勝を挙げ、最終戦まで追いすがった。

「昨年5月の『RKB×三井松島レディス』のプレイオフで見せた〝直ドラ〟もすごかったが、正月のテレビ番組のドラコンでは男子並みの280ヤードオーバー。ポテンシャルはトップだろう。彼女のドライバー音を聴くだけでも観戦の価値がある。平均パット数が4位で、平均ストロークと平均バーディー数は、ともに山下に続く2位。今年の目標は『パリ五輪』出場を挙げていたが、山下よりも海外向きに映る」(宮崎氏)

 ここで米ツアー組も交えて「パリ五輪」日本代表争いに目を向けてみよう。

「現時点の世界ランキングを見ると、日本人トップの畑岡奈紗(25)が17位のため、日本からは2人のみの狭き門です。ただ畑岡以下、20位の古江彩佳(23)、22位の山下、26位の笹生優花(22)、33位の岩井明愛らが6月28日までに15位以内になれば、最大4人が出場できます」(スポーツ紙記者)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル