top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ルートン・タウン橋岡大樹、念願のプレミアリーグ・デビュー!日本人選手では13人目…冨安健洋、三笘薫、遠藤航が鎬を削る世界最高峰の舞台で、得点・失点シーンでいきなり感情爆発

ABEMA TIMES

 日本代表DFの橋岡大樹が、現地時間3月2日のアストン・ヴィラ戦で念願のプレミアリーグ・デビューを飾った。

 現在24歳の橋岡は1月31日、ベルギーのシント=トロイデンからイングランドのルートン・タウンに完全移籍。怪我を抱えていたため、加入後のプレミアリーグ5試合ではベンチ外になっていたが、2月27日のFAカップ(マンチェスター・シティ戦)でルートン・デビューを飾る。

【映像】橋岡大樹、プレミア・デビュー戦で歓喜&激怒

 そして、アストン・ヴィラ戦ではついにプレミアリーグでデビュー。ベンチスタートながら53分にアンドロス・タウンゼントとの交代でピッチに入ると、66分と72分のゴールシーンでは思い切り喜びを表現し、89分の失点シーンではマークを外した味方に「何やってんだよ!」と叱咤するなど熱い闘志を見せた。

 ちなみに、世界最高峰と謳われるプレミアリーグでは、これまで以下の日本人選手たちがデビューを飾ってきた(カッコ内はプレミアリーグ・デビュー時の所属クラブ)。

広告の後にも続きます

2002年:稲本潤一(フラム)
2003年:戸田和幸(トッテナム)
2005年:中田英寿(ボルトン)
2012年:宮市亮(ボルトン)
2012年:香川真司(マンチェスター・U)
2012年:吉田麻也(サウサンプトン)
2015年:岡崎慎司(レスター)
2018年:武藤嘉紀(ニューカッスル)
2020年:南野拓実(リヴァプール)
2021年:冨安健洋(アーセナル)
2021年:三笘薫(ブライトン)
2023年:遠藤航(リヴァプール)
2024年:橋岡大樹(ルートン・タウン)

 橋岡のプレミアリーグ・デビューは、日本人選手では13人目。今季もイングランドで凌ぎを削るのは冨安、三笘、遠藤で、彼らと同じく大きなインパクトを残せるか注目される。

(ABEMA/プレミアリーグ)
 

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル