top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【弥生賞予想】パターンで狙える「枠」「前走」「脚質」は? 過去10年データで探るGII弥生賞ディープインパクト記念

netkeiba.com

【弥生賞予想】パターンで狙える「枠」「前走」「脚質」は? 過去10年データで探るGII弥生賞ディープインパクト記念(C)netkeiba.com

 今週も引き続き「中山・阪神・小倉」の3場開催。日曜日には、3歳クラシック路線の前哨戦となる・弥生賞ディープインパクト記念(GII・中山・芝2000m)が行われる。

 出走は11頭と今年も少頭数に。だがメンバーは良く、少数精鋭の勝負となりそう。いつものように過去10年データを使って弥生賞の傾向と馬券ヒントを探っていこう。

1.人気上位決着は多いけれど…?

 まずは上位人気馬たちの過去成績チェックから。弥生賞では過去10年、1番人気馬は3勝。成績は【3-4-1-2】となっている。馬券圏内率80パーセントはなかなかの好成績。軸馬候補としては信用度高い。しかし近5年では勝利なし。馬券軸ならば良いが、単勝はやや買いづらいといったところか。

 ちなみに、2番人気馬は【3-2-2-3】。3番人気馬成績は【2-0-2-6】。上位3番人気までで8勝。ほかの2勝分は4番人気と8番人気馬だった。1、2、3番人気で上位独占した年も3回あり。逆に2ケタ人気馬が馬券に絡んだのは、15年に10番人気馬が3着になったことがあるだけである。過去10年の出走頭数は10-13頭。多頭数になることがないために、上位人気馬活躍傾向になっているとも考えられる。

2.狙うのは8枠、特に…?

 弥生賞といえば、8枠ピンク色の帽子が活躍している印象が強い。過去10年で8枠の馬が5勝。特に16年から19年は4年連続で8枠馬が勝っている。

 反対に1枠の馬は1勝だけ。2枠3枠に及んでは、1度も勝てていない。こと勝利ということに限っていえば、明らかに外枠有利という傾向あり。ただ面白いのは、8枠といっても活躍しているのは「馬番11番」まで。しかも大外ではない8枠の馬が好走傾向にある。今年でいえば、10番ファビュラススターが良さそうだ。

3.ローテのパターンからは軸候補1頭だけ?

 次に前走ローテについて。まず1着馬だけを見ると、前走はかなりバラバラ。昨年は前走・GIII共同通信杯4着タスティエーラでこれは初のパターン。過去10年で、多いのは「前走若駒S1着」が2回、「前走1勝クラス1着」が2回という程度。ほかはすべて異なる重賞からの経由となっている。ローテーションから有利な馬を想定するのはかなり難しいようだ。

 しかし、馬券圏内30頭を総合すると、やはり前走GI・ホープフルSからが8頭とかなり多め。しかもこの8頭はすべて近6年で馬券圏内になっている。さらにそれらの馬たちはすべてホープフルS5着以内。昨年も条件に当てはまった唯一の馬トップナイフは2着になった。今年、この条件に当てはまる馬は前走ホープフルS2着シンエンペラーのみ。4着だったアドミラルシップは間に1戦使っている点がどうか。

4.逃げ馬も追い込み馬も不振?

 最後は脚質の傾向。弥生賞では過去10年、逃げで勝っているのは21年のタイトルホルダーだけ。17年も8番人気だったマイスタイルが逃げて2着に粘ったが、馬券圏内に入ったのはこの二頭だけ。ほかは多くの馬が下位に沈んでいる。さて今年、ハナを切る馬はどれになるのか。

 一方、レースで最速上りを出している追い込みタイプは、過去10年で3勝。14-21年は毎年馬券圏内に好走している。しかし近2年は逃げタイプも最速上りの追い込みタイプも馬券圏内ならず。レース序盤から5番手以内でレースを進めているタイプが上位を独占している。先行ができて、最後は直線でも粘れるようなタイプが活躍する傾向が強くなっているのだ。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル