top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

AKB48姉妹グループが海外で活性化 日本的な女性アイドル文化、国境超えてなぜウケる?

Real Sound

「AKB48 oversea sister group is now in Malaysia」より

 AKB48マレーシア初の姉妹グループ KLP48の初代メンバーオーディション『KLP48 1st Generation Audition ~I shine from the Heart of Asia~』が現在行われている。同オーディションへの応募資格のひとつとして、基本的にはグループ名にも冠されているマレーシアのクアラルンプールを含め世界での活動になるため、海外生活も可能であることが条件に盛り込まれている(※1)。KLP48は5月下旬にクアラルンプール市内で行われる最終パフォーマンス審査を経て、デビューが予定されている。

(関連:【画像】ジャカルタ拠点活動のJKL48、YouTubeチャンネル登録者数は160万人を突破

 KLP48が誕生すれば、海外で現存する48グループとしては、JKT48(2011年活動開始/ジャカルタ)、BNK48(2017年活動開始/バンコク)、MNL48(2018年活動開始/マニラ)、AKB48 Team SH(2018年活動開始/上海)、AKB48 Team TP(2018年活動開始/台北)、CGM48(2019年活動開始/チェンマイ)に続いて7組目。これで、日本国内で活動するAKB48グループの数(6組)を上回ることとなる。

 さらに着目するべきは、日本国内では2017年に瀬戸内地方を拠点とするSTU48が誕生して以降、新規グループが立ち上げられていない一方で、海外グループは2017年以降に続々と活動を開始している点。なかには、新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあって活動終了したSGO48(ベトナム・ホーチミン)、結成が発表されながらもコロナ禍の情勢によって思うように活動が進まなかったDEL48(インド・デリー)、MUB48(インド・ムンバイ)などもあるが、AKB48グループとしては“海外展開”に目を向けていることがよくわかる。

■「海外展開」の理由は国内の規模感の限界とセールス展開の変化

広告の後にも続きます

 その理由として、ひとつはシンプルに日本国内では規模感に限界があることが挙げられるだろう。そもそも日本が七地方区分(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州)で形成されていることを考えれば、国内グループ数6つは妥当と言える。いくら「各グループは場所・地域に特化したものである」とはいえ、これ以上の増加はAKB48グループ内での食い合いに繋がるように思える。

 また、時代的にも楽曲視聴がCDなどのフィジカルからサブスク中心へ移行したこと、AKB48グループにとって大規模なイベントのひとつでもあった『選抜総選挙』が2018年を最後に開催されていないことなど、大きな変化があった。これが多かれ少なかれ各グループの経営面にも影響を及ぼしていることも推測できる。

■秋元康プロデューサーが“海外展開”を実行した理由

 そもそも、なぜAKB48グループが“海外展開”に目を向けたのかにも触れておかなければならない。プロデューサーの秋元康は書籍『AKB48の戦略! 秋元康の仕事術』(2013年/アスコム)のなかで、JKT48の結成背景についてこのように語っている。

「ジャカルタから『AKBに来て欲しい。JKTを作りたい』という圧倒的に強い声が届いた。ではジャカルタでやろうと。中国の上海、台湾、タイのバンコクからも同じ声が届いている」

「いくらアメリカやイギリスに進出したいと無理に頑張っても、時代の力というものを投げ飛ばすことはできない。でも『インドネシアですごい人気です。来てください』という声に乗れば、体がふぁんと浮く。僕は、自分の意志よりも、みんながどんなことを望んでいるかを優先して考えます」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル