top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

永瀬廉“倖生”の過去がSNSで拡散…門脇麦“ありす”の元を離れる決断をする<厨房のありす>

WEBザテレビジョン

門脇麦が主演と務める「厨房のありす」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ)の第6話が2月25日(日)に放送される。同作はマイペースで人とのコミュニケーションが苦手な自閉スペクトラム症(ASD)の店主・八重森ありす(門脇)が、街の小さなごはん屋さん「ありすのお勝手」で、大好きな化学の知識を基に、おいしくて優しい料理を生み出すヒューマンドラマ。

■ありすを見守る個性的なキャラクターたち

「ありすのお勝手」にアルバイトとして転がり込む謎の青年・酒江倖生役を演じるのは永瀬廉。一見、すれていて無愛想な倖生だが根は心優しく、ありすの行動や言動に戸惑いながらも、徐々に寄り添い支えるようになっていく。

また、ありすの幼なじみ・三ツ沢和紗役には前田敦子。和紗は工務店の娘で地元では有名な元ヤンだが、幼いころからずっとありすのことを守ってきた。今はありすのお店でホール係として接客を担当しているが、第3子を妊娠中で、出産に合わせて代わりのアルバイトを探している。そこに現れる倖生に自閉スペクトラム症のありすとの接し方や独自のルールを教えていく。そして、家では息子2人を育てるしっかり者の母親として毎日奮闘している。

さらに、ありすの父親で有機化学を教えるゲイの大学教授・八重森心護を演じるのは大森南朋。3歳でありすを引き取り、大きく深い愛情でありすを見守り育ててきた“ゲイのお父さん”心護の思いとは。

■これまでの放送では――

「お父さんを殺したのは、僕だ」。心護(大森南朋)が、倖生(永瀬廉)の父・晃生(竹財輝之助)を殺した!?  晃生は心護の恋人だったが…衝撃の告白に倖生は…。

一方、倖生への恋心を自覚したありす(門脇麦)は、和紗(前田敦子)の家で作戦会議。すぐに告白したいと暴走気味のありすに、待ったをかける和紗。交際に発展するためには、まず自分から積極的にアプローチをして、倖生に好きになってもらわないと…。

アプローチなんてしたことがないありすのために、三ツ沢家のみんながアイデアを出し合う。家に帰ったありすは、教わったアプローチの方法をさっそく実践!あの手この手で倖生の心をつかもうとする。

その翌日「ありすのお勝手」は開店前からなぜか大行列。ひっきりなしにお客さんがやって来て、ホールの倖生と和紗はてんてこ舞い。お店始まって以来の盛況ぶりに、ありすは大張り切りで腕を振るう。しかしこの繁盛が、後に思わぬ事態を招いてしまう。

ありすの恋に心護が猛反対! 倖生も複雑な心境な思いを抱えるが、心護と倖生の過去に一体何があったのか。さらに恋のライバルも登場し、波乱の展開に。大切な人を守れる強い人になりたい…あふれる涙…ありすの想いは届くのか。


■第7話では――

「俺もありすのことが好きだ」――。倖生(永瀬廉)に抱きしめられて、ありす(門脇麦)はドギマギ。次の日、なんだか気まずいありすと倖生。察しのいい和紗(前田敦子)は「お前ら、なんかあったな?」とニヤニヤ。が、幸せもつかの間。倖生の過去がSNSで拡散されてしまう。「横領犯の息子」「窃盗で逮捕歴もあるやばいやつ」――。

「俺がいたらみんなの迷惑になるから」と、荷造りを始める倖生。必死に引き留めるありすを突き放し、倖生は出て行ってしまう。ホール担当がいない「ありすのお勝手」は休業することに。心護(大森南朋)も学会のためしばらく出張で、ひとりぼっちになったありすは、何も手につかない。

来週は倖生の誕生日、どう過ごすのか…忘れようとしても倖生のことばかり考えてしまう。そんなありすを心配した和紗は、2人で店を再開しようと提案。忙しく仕事をして忘れるのが一番! 背中を押されたありすは、身重の和紗を心配しつつ、店を再開。

さらに、新しい恋を求めて恋活パーティーに参加。店を回したり、パーティーに付き添ったりと、ありすのために動く和紗を金之助(大東駿介)は心配して…。

一方、倖生がありすの家を出たと知った百花(大友花恋)は、倖生の誕生日に礼央(橘優輝)と栄太(堀野内智)を誘ってご飯に行こうと提案。倖生も断り切れず、行くことになるが…。

――という物語が描かれる。

■倖生が横領班の息子…?予告動画に反響

公式HPなどで公開されている予告動画では、両想いだと確信し、想いが通じ合ったことを倖生とありすはニヤニヤ…。感のいい和紗が「お前らなんかあった~?」「ありす告られた?」と嬉しそうに聞く。来週は倖生の誕生日、張り切るありすをよそに、倖生は「誕生日って嫌いなんだよね」と顔が曇る。

さらに常連客から教えてもらったSNSでは、誰かが呟いた投稿が拡散されている様子。内容は倖生の父親が五條製薬の横領犯だという過去…。「育て方を間違えたようだな」と道隆に言われた倖生は「父さんは横領なんかしてません!」と怒鳴り、葬儀場で口論になる場面も。「信じたくないの」と蒔子も無実を願うが…。

噂が広がり「ありすのお勝手」にも迷惑がかかると感じた倖生は、荷物を詰め出ていこうと決断する。突然のことにありすも動揺が隠せず「私のことを好きだと言ってくれました!」と引き留めるも、「嘘だよ」と衝撃の一言が。あまりの悲しさに涙が溢れる…。心護や和紗が心配する中、倖生を忘れるため、恋活パーティーに参加することに。ライバルの百花も「私は味方だから」「誕生日予定ある?」と、ついに動き出す…。

しかし倖生のことを忘れるどころか、思い出してしまうありす。そんなありすを支えたい一心で和紗が頑張るも、突然倒れてしまう。

第7話放送を前に、「前回は涙が止まらなかった」「苦しい…恋って苦しい…」「こんなにぎゅーって胸が締め付けられるドラマだったとは」「倖生に恋しない人いる!?」「早く皆幸せになって」「回を重ねるごとに涙が増える」といった声など、オンエア前からSNS上などで話題となっている。



 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル