top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【弥生賞予想】皐月賞よりも日本ダービーにつながるレース さらに先を見据えた馬を狙うのが的中への近道?

netkeiba.com

【弥生賞予想】皐月賞よりも日本ダービーにつながるレース さらに先を見据えた馬を狙うのが的中への近道?(C)netkeiba.com

 上位3着までに皐月賞への優先出走権が与えられる重要なステップレースだが過去10年で、このレースをステップに皐月賞へと挑んだ馬は【0-5-2-33】。以前から皐月賞よりも日本ダービーとの関連性が問われていたレースで、昨年は本レース優勝で、皐月賞2着タスティエーラが、一昨年はこのレース2着で皐月賞3着のドウデュースが日本ダービーを制している。1番人気馬は[3-4-1-2]で上位3番人気馬は[8-6-5-11]と堅調なレースだ。

 ◎トロヴァトーレは葉牡丹賞の優勝馬。デビューから2戦連続で中山競馬場芝2000mを使われて、いずれもメンバー最速の末脚を繰り出し、デビュー戦は2着馬に2馬身半差で、葉牡丹賞も2馬身差。いずれも完璧な勝利だった。未出走の母シャルマントはディアドラの半妹。ウインドインハーヘアのクロスを使わないかわりにミスタープロスペクターの4.5×5.5のクロスを持っており、母系はソングラインやロジユニヴァースらを擁する名牝ソニンク系。ここはしっかりと賞金を加算しておきたいところだ。

 〇ダノンエアズロックはアイビーS優勝馬。半マイル通過が50.5秒、前半1000m63.1秒というスローペースを2番手追走。マークしてくるレガレイラを待つような競馬をしたために前の馬に楽をさせたが、ゴール前では追いすがるレガレイラを突き放した内容は強かった。豪州の活躍牝馬を母に持つモーリス産駒。右回り、コーナー4回の競馬に加えて1ハロンの距離延長などクリアしなければならない問題が多く、また咽頭部に疾患を抱えているそうだが、それでも魅力を感じる1頭だ。

 ▲ファビュラススターは中山競馬場芝2000m1勝クラス平場戦優勝馬。半マイル通過47.5秒、前半1000m59.9秒というペースを後方待機。コーナーリングで加速しながら早め先頭で押し切った。抜け出してから内にモタれたのは若さゆえか。同じ舞台を経験し、強い内容の競馬ができたことはアドバンテージ。馬格に恵まれたエピファネイア産駒で豊かな将来性が期待できる。

 △シンエンペラーは京都2歳S優勝馬でホープフルS2着で、凱旋門賞優勝ソットサスの全弟。前走のホープフルSは半マイル47.9秒、前半1000m60.0秒という決して遅くはないペースの中、好位で流れに乗り早め先頭から押し切りを狙ったもののレガレイラの瞬発力に屈する格好となったが、これは勝ち馬を褒めるしかないという内容だった。

 上位陣は強そうだが、同じコースの重賞で見せ場を作った△ニシノフィアンスのレースぶりにも注目したい。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル