top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

中山で3名の新人騎手がデビュー 初騎乗後のコメント

netkeiba.com

中山で3名の新人騎手がデビュー 初騎乗後のコメント(C)netkeiba.com

 JRAでは今年、8名の新人ジョッキーがデビュー。2日の中山では石神深道騎手(美浦・和田正一郎厩舎所属)、大江原比呂騎手(美浦・武市康男厩舎所属)、長浜鴻緒騎手(美浦・根本康広厩舎所属)が初騎乗を終えた。コメントは以下の通り。

■石神深道騎手
1R 12番プリンセスアメリカ(出走16頭中16着)

「模擬レースとはやはりペースや道中の位置取りも全然違いましたし、そういうところもこれから頑張っていかないとなと思いました。今後については、まずは競馬の流れについていくことが大切だと思います。少しコーナーで膨れ気味になってしまってるので、その辺りも気をつけながら騎乗していきたいと思います」

■大江原比呂騎手
1R 8番シアワセノランプ(出走16頭中15着)

「周りの先輩方にすごく気を遣っていただいていたので、大きな影響はなかったと思っていますが、コーナーももっとタイトに回ることができれば、最後までもっと良い騎乗ができたと思うので、これを反省して次のレースに生かしたいなと思います。その馬に合った騎乗ができるように心がけたいです」

■長浜鴻緒騎手
1R 3番オオゾラヒバリ(出走16頭中2着)

「ゲートを出てから思ったより冷静に騎乗できたかなと思います。頑張れという一心で追っていましたが、やはり勝ち馬が強くて届きませんでした。直線で馬を出すタイミングが少し早ければもっと差が縮まったと思いますが、そこは僕の経験がない分届かなかったのかなと思いました。1つも判断を間違うことなく、勝ちに馬を導けるように頑張りたいと思います」

(JRAのホームページより)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル