top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

“不条理”描くホラーショートフィルム集「NN4444」限定上映が異例の全回満席 3月に追加上映決定[ホラー通信]

ガジェット通信

映画レーベル「NOTHING NEW」製作第一弾のホラーショートフィルム作品集「NN4444」が下北沢「K2」にて2週間限定で上映され、なんと全回満席という異例の結果に。多数の反響を受けて、3月15日より「K2」にて追加上映されることが決定した。終了日は未定だという。

「NN4444」は、4人の新鋭監督と注目の俳優がタッグを組み、現代社会における不条理をそれぞれの視点から描いた4作からなるショートフィルム集。満席の報を受けて、監督陣と「NOTHING NEW」代表の林健太郎氏、「K2」代表の大高健志氏よりコメントが到着している。

「犬」の中川奈月監督は、本作を「魅力的な企画」だと思いつつも「一体どのくらいの方々が注目してくれるのかは想像出来ませんでした」といい、今回の反響にいたく驚いた様子。「Rat Tat Tat」の佐久間啓輔監督は、別々の監督が手掛けた4作品が並んだときに、“感染”というテーマがくっきりと浮かび上がったとその印象を明かす。「洗浄」の宮原拓也監督は「この短編集はホラーと銘打っているものの、ひとえにそうとはくくれない異質な作品で組成されている」と表現。「VOID」の岩崎裕介監督は、本作を「既存のホラー、既存の短編映画の枠組みから超越しようと、忌憚なく作られた作品群」と説明し、だからこそ「忌憚なき感想」を聞かせてほしいと作品を観る人に向けてメッセージを送った。

また、「NOTHING NEW」の林氏は、本作の鑑賞者の感想が「笑えた」「気分爽快」「不気味」「咀嚼できない」など様々であったことを振り返っており、上映劇場「K2」の大高氏は、ミニシアターの苦境が続く中で口コミで拡がりを見せる本作について「大きなヒットとなる予感を感じる、異例の盛り上がり」とその印象を語っている。

この反響なら、上映規模の拡大もあり得るかな? ひとまず、劇場に足を運べる方は今回の追加上映をお見逃しなく。

広告の後にも続きます

「NN4444」
3月15日(金)より下北沢K2にて追加上映

中川奈月監督 コメント

全回満席!ありがとうございます!

自分でも絶対に見たい魅力的な企画だと思い参加させて頂きましたが、一体どのくらいの方々が注目してくれるのかは想像出来ませんでした。しかし、こんなに足を運んで下さる方々がいるという事実に、楽しみにしてくれる仲間がこんなにいるんだと嬉しい気持ちです。

再上映出来ることになったのは本当に皆さんのお陰です。ぜひ一緒にこのジャンルの可能性を探してもらえたらと思います。

<プロフィール>
1990年生まれ。立教大学大学院現代心理学研究科にて篠崎誠監督に師事し、修了作品『彼女はひとり』を監督。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてSKIPシティアワードを受賞、田辺・弁慶映画祭にて主演の福永朱梨が俳優賞を受賞。東京藝術大学大学院映像研究科に入学し、黒沢清監督、諏訪敦彦監督に師事。作品『投影』がイランのファジル映画祭で上映、修了作品『夜のそと』はニューヨークジャパンカッツにて上映された。

佐久間啓輔 監督 コメント

誰かが言った。この映画は「感染」だと。

確かに4作品を観た時に自分の中でもそのテーマがくっきりと浮かび上がってきた現代病とでも言うべき、増殖するという恐怖。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル