top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

ヒカル、ReZARDの上場目指すと宣言 10億円でホテルを購入したことも報告

yutura

3月1日、「ヒカル」(登録者数489万人)が「皆さんにとても大事な報告があります」と題した動画を公開しました。

株式会社ReZARDの上場を目指す

これまでは主に、企業から依頼された商材を宣伝する形でお金を稼いできたというヒカル。しかし、あるとき現状のビジネスモデルは「どこまでいってもアフィリエイトだな」と思ったのだとか。

さらにビジネスが発展していく様を視聴者へ届けるためには、資金面での安定、自社サービスの拡充が不可欠との考えから、ヒカルは今後、株式会社ReZARDの上場を目指すと宣言しました。同社はヒカルがプロデュースするアパレル製品、コスメ製品を展開しています。

(現状のままでは)もうこれ以上大きな世界見れないんじゃないかなって思って。自分の会社デカくしよう、ってなったときに、何か大きな目標がほしいなってなったんですよ。視聴者の人とワクワクできる何か大きな目標がほしいなってなったときに、上場だなってなりました。

ヒカルはReZARDを上場させることが社会的に大きな信用を得ることにもつながると考えているそうで、

有名人の中で、おそらく半分以上の株を持って上場した人っていうのは、日本だったらいないんじゃないかなと思ってて。僕はReZARDの株を半分以上持ってるんですよ。で、そこを上場させるってことは、きっと応援してくれてるみんなにとっても、大きなことになるんじゃないかなと。

「ヒカルなんて応援してるの恥ずかしい」とか「カッコ悪い」とか、「本当にReZARD売れてるの?」とかいろんなこと言われてきて、それらすべてを払拭する大きな一手が上場なんじゃないかと

などとコメント。「UUUMぶち抜きます」と意気込みました。

10億円でホテルを購入

広告の後にも続きます

今回の動画では、ReZARDのEC販売をサポートしていた株式会社Candeeから「D2Cの事業を譲渡してもらいました」と公表。同社は株式会社小学館の100%子会社でした。

さらに、自身が経営していた脱毛サロン「ReJehanne」については事業を他の経営者へ事業譲渡したと報告。理由はReZARDの事業拡大に専念するためと説明しました。(参考:公式サイト「事業統合のご案内」

続けて、ヒカルは10億円でホテルを購入したことも発表。ReZARDの上場に向け、事業拡大を検討する中で、ホテル事業は「YouTubeとの相性が抜群だと思った」そうです。

YouTubeで視聴者がワクワクすることだったら全部かけれるんですよ。最も視聴者の人が沸いてくれることをしようっていう。その10億円で。それがホテルでした。

ホテルの場所、規模については今後の動画で明かすとしています。

圧倒的王者ヒカキン、UUUM、この牙城を崩したい

最後に、ヒカルはReZARDの売上を安定させるため、コスメ製品のサブスクサービス「ReZARD beauty」の会員になるよう視聴者へ呼びかけます。ちなみに、現在の会員は8000人ほどで、客単価は平均で7000円とのこと。

ヒカルは「売れれば売れるほど(ReZARDの事業投資として)数億、数十億の買い物をYouTube上でしていきます」「その第一弾がホテルだと思っておいてください」などとアピールした上で

圧倒的王者ヒカキン、UUUM、この牙城を崩したい。俺しかいないんすよもう。それやれるヤツっていうのはYouTube上に。

もう同じ物語見飽きたでしょ。ずっとナンバーワンなんですよあいつが。もう飽き飽きしてんすよ俺は。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(動画)

ジャンル