top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「不適切にもほどがある!」ケジメがあって素直すぎるムッチ先輩に「かわいい」と反響

シネマトゥデイ

ちゃんと「お邪魔しました」を言うタイプだったムッチ先輩 – (C)TBS

 阿部サダヲが主演を務め、宮藤官九郎が脚本を手がけるTBS系金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」(毎週金曜よる10:00~)の第6話「昔話しちゃダメですか?」が1日に放送。磯村勇斗が演じる、ムッチ先輩こと秋津睦実が見せる素直な一面に、X(旧Twitter)では視聴者から「かわいい」などの声が寄せられている。(ネタバレあり。以下、第6話までの展開に触れています)

 2024年にタイムスリップしてしまった、1986年に暮らす昭和オヤジ・小川市郎(阿部)が、過去と現在を行き来しながら、コンプライアンス無視の「不適切」発言で令和の空気をかき回していく本作。先週放送された第5話では、令和で市郎と知り合ったテレビ局のプロデューサー・渚(仲里依紗)が、市郎の一人娘・純子(河合優実)の娘であることが判明。そして、市郎と純子は、1995年の阪神・淡路大震災に巻き込まれて他界していることが明かされた。

 やりきれない思いを抱えて昭和に戻った市郎は、あと9年の命と知った純子と再会すると、事情を隠しながらも涙のハグ。その後、サカエ(吉田羊)と彼女の息子のキヨシ(坂元愛登)、令和で世話になっている秋津真彦(磯村勇斗/二役)の父にあたる、ムッチ先輩も交えて食卓を囲む。

 純子が寝た後、サカエに自分たちの運命を明かした市郎は、26歳でこの世を去ってしまう娘のことを思い「どうなるかわかっている人生なんて、やる意味あるのか……」と苦しい胸の内を吐露。サカエも声を震わせながら「今考えても、その時考えても大して変わらないなら、今は日々を楽しく、好きなように生きたらどうだろう」と言葉をかける展開が描かれた。

 しかしそんな時、二人の会話を聞いていたムッチ先輩が泣きながら登場し、市郎は「いたのか!」と驚愕。「何でいないと思った!」と返したムッチ先輩は「黙って帰るようなやつじゃねぇから! 帰る時は、ちゃんとお邪魔しました言うから、ケジメあるからこう見えて」とベソをかきながらまくしたて、その姿にXでは「ムッチ先輩、本当は凄く良い子だもんな」「ムッチ先輩、かわいい笑」「お邪魔しましたをちゃんと言うタイプのムッチ先輩かわいいな」など反響。

広告の後にも続きます

 さらに「純子、死ぬんすか」と迫るムッチ先輩を外に連れ出したサカエは、「あなたを男にするために、わざと聞こえるようにウソをついたの」と切り出し、“蛙化現象”が起こっている純子の気持ちを引き戻すため、今は距離を置き、あえて不安にさせた方がいいと説得。「そういうの自分、嫌いじゃないっす」とすんなりサカエのアドバイスを信じ込むムッチ先輩に、Xでは「ムッチ先輩、めちゃくちゃ純粋で素直」「単純だけど素直でいい子だな」などの声があがっていた。(西村重人)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル