top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

スピールバーグからの影響やVFX、AIの話題も 山崎貴、ハリウッドで『ゴジラ-1.0』を語る

Real Sound

山崎貴監督

 2023年12月1日に北米で劇場公開された『ゴジラ-1.0』は世界興収1億ドルを突破。さらに、北米での爆発的な人気によって日本を含む世界興収よりも北米興収が上回り、非英語映画としては『グリーン・デスティニー』(2000年)、『ライフ・イズ・ビューティフル』(1997年)に次ぐ歴代3番目の興行成績を収めている。1月22日にノミネーションが発表された第96回アカデミー賞の視聴効果賞に日本作品として、そしてゴジラの70年の歴史で初めて候補入りし、受賞の機運も高まっている。山崎貴監督が監督・脚本・VFXスーパーバイザーを務め、監督と視聴効果を兼任し同部門にノミネートされたのは、『2001年宇宙の旅』(1969年)のスタンリー・キューブリック以来だという。

参考:『ゴジラ-1.0』なぜ全米で大ヒット? 観客の反応から浮き彫りになるハリウッドの課題

 昨年末に視聴効果部門ショートリストの10作品に入り、1月にはベイクオフ・イベント(プレゼン)を行った山崎監督および白組のVFXチームは、2月に入り精力的にFYCイベント(アワード用イベント)に登壇していた。その中から、ハリウッドにあるジャパン・ハウス・ロサンゼルスで行われた山崎監督と、634万人超のフォロワーを持つVFX解説系YouTuberグループのCorridor Crewのピーター・フランスとのQ&Aを再録する。

 Corridor Crewは昨年12月の『ゴジラ-1.0』劇場公開時にも山崎監督にヴァーチャルインタビューした動画をアップし、現在までに約162万回視聴されている。

 その中で、自身もVFXアーティストとして『サタデー・ナイト・ライブ』などを手掛けるピーター・フランスは、自他ともに認める“ゴジラファン”として、『ゴジラ』の特撮および和製VFXの特異性について解説していた。映画関係者やVFX関係者が多く集まった聴衆からは、イベントの前日(2月15日)にOpen AIが初公開した「Sora」のAI生成映像についての質問も飛び出した。

広告の後にも続きます

ピーター・フランス(以下、フランス):『ゴジラ-1.0』を劇場で観て圧倒され、そして2回泣いてしまいました。自分もVFXをやっているので、こういう映画を観るとVFXの効果や出来に気を取られて集中できないものですが、今作は物語にのめり込み、山崎監督が作り上げた世界を満喫しました。この映画が大ヒットしていることも当然だと思います。さて、大注目を浴びているこの数カ月はどんな日々だったのでしょうか?

山崎貴(以下、山崎):2カ月ぐらい前までこんな状況になるとは全く想像してなかったものですから、すごく嬉しい混乱のなかにいます。今、「これは夢だよ」と言われてもそんなにビックリしない。「だよね~」っていう感じ(笑)。

フランス:スティーヴン・スピルバーグがこの映画を3度観たことが大きな話題になっています。

山崎:先日、オスカーのノミニーランチョンという、お昼ごはんを食べながらいろんな人たちと会うようなパーティがあったんですが、その時も(隣にいる)通訳のマイキーが一緒で、「あそこにスピルバーグがいるよ」って言われて。「いや、いるわけないでしょ」と言ってたんですが、「絶対そうですよ。行きましょう」って言って見に行ったら本人だったという。スピルバーグが違う人と話してる後ろでずっと“話したいんですけどオーラ”を出していたら気付いてくれて。あの、これ(ゴジラのフィギュア)を持ってたんですね。そうしたら「ああ、ゴジラの監督か!」と認識してくれて、「3回観たんだよ!」って。1回は自宅でスクリーナー(試写リンク)を観て、すごく良かったからその後IMAXのでかいスクリーンで観て、それからドルビーでもう1回観たんだ、と。その言い方からすると本当に3回観たらしいというリアリティがあって。僕にとっては神様の1人なんで、ちょっと頭が混乱しましたね。今目の前にスピルバーグがいて、僕の映画を3回も観たと言って誉めてくれているという状況が、もう現実のものとは思えなくて。水のエフェクトを作った若い野島(達司)くんを紹介したら、スピルバーグが「あの水のエフェクトがすごい良かったんだよ」と言って、一緒に写真を撮ってくれて。野島くんの人生のピークは、多分そのときに訪れてしまったという(笑)。興奮するひとときでした。本当にありがとうオスカー、ありがとうゴジラですね。これもゴジラが見せてくれた風景の一つだと思います。

フランス:あなたの作品において、スピルバーグ監督から受けた影響はありますよね。例えば『ジョーズ』とか……?

山崎:ああもう、すごくたくさんあります。『ジョーズ』の影響は認めないわけにはいきませんし、あと『宇宙戦争』がすごく好きで、『宇宙戦争』の敵は昼間に出てくるので、ゴジラも昼間に出したいなと思いました。若い頃のゴジラが出てくるシーンは、やっぱり『ジュラシック・パーク』になってましたね(笑)。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル