top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

岸田総理「4月電撃訪朝」で「新拉致被害者」帰国の舞台裏(2)2人の拉致被害者がタブーにされた

アサ芸プラス

 02年9月、小泉純一郎総理(82)が訪朝し、金正日総書記(享年70)と日朝首脳会談を行った後、拉致被害者5人が日本に帰国できたのは周知の通りだ。

 それから、拉致問題は一向に進展せずに膠着状態が続いている。しかし、14年に北朝鮮側から水面下で「2人が生存している」という情報が寄せられた。

 政府が認定している拉致被害者の田中実さんと、「拉致の可能性を排除できない行方不明者」としている金田龍光さんだ。有力情報にもかかわらず、なぜ日本政府はダンマリを決め込んでいるのか。自民党関係者はこう説明する。

「北朝鮮側は田中さんと金田さんの一時帰国を提案する一方、再調査の『中間報告』で横田めぐみさんらの安否不明者は『死亡』と主張を変えず、拉致問題を終わらせようとしたのです」

 政府としては到底受け入れられる内容ではなかったのだろう。五味氏が続ける。

広告の後にも続きます

「田中さんと金田さんは同じ養護施設の出身で、日本に家族や身寄りがないと言われていました。北朝鮮にすれば一時帰国しても、ハレーションが少なく都合がよかったのかもしれませんが、日本政府は横田めぐみさんや有本恵子さんが帰国しなければ、世論が納得しないことを懸念していました。それで安倍晋三総理(享年67)が提案を拒否したのです。そこから拉致問題は停滞し、日本政府にとって田中さんと金田さんの話はタブーになりました」

 20年6月の参院本会議でも2人について質問された安倍総理の答えは、

「支障をきたす恐れがあるので答えは差し控えます」

 と、にべもないものだったが、ここに来て拉致問題が大きく進展する可能性が出てきたのだ。

 日朝首脳会談が実現すれば、日本が拉致問題の交渉をしてくることは明白なので、北朝鮮はすでに周到に準備を進めているという。五味氏の内部情報によれば、

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル