top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

岸田総理「4月電撃訪朝」で「新拉致被害者」帰国の舞台裏(3)瀕死の岸田政権が生き返る!

アサ芸プラス

 金王朝にとって南北統一は悲願だったが、韓国の尹錫悦政権は強硬姿勢を貫き、我慢の限界に達した金正恩は、昨年12月末に「韓国を平和的な統一の相手とは見なさない」と宣戦布告。

 年明けの1月5日から3日間で350発以上の砲弾を海上の境界近くに発射し、韓国を挑発した。

 一方、韓国は2月14日にキューバと国交を樹立したことを電撃発表、衝撃が走る。

「北朝鮮とキューバは『兄弟国』と言われるほど友好関係にあった。外交的な打撃も大きく、北朝鮮は反撃の一手に出たいところ。そこで、日米韓の3カ国のトライアングルで揺さぶりやすいのが、拉致問題で『対話』に前向きな日本というわけです」(外務省関係者)

 その北朝鮮には、大国ロシアが「援軍」として手を差し伸べている。山田氏はこう指摘する。

広告の後にも続きます

「軍事と経済の両面で協力を深め、ロシアとの距離を急速に縮めています。2月18日には、ロシアのプーチン大統領(71)から金正恩にロシア製の専用車が贈られました。ペスコフ大統領報道官も3月のロシア大統領選挙の後に、00年7月以来となるプーチン大統領が訪朝することを示唆。心強い〝後ろ盾〟を得たことで、国際情勢にある程度の余裕が出てきて、日本や韓国に揺さぶりをかけているとみられます」

 ロシアの出現も脅威だが、尹錫悦大統領(63)は日本を「パートナー」と呼び、未来志向を強調しているだけに、北朝鮮と日本がホットラインを結ぶのは許せないだろう。だが、拉致問題は日本政府の最重要課題であり、人権侵害に口をはさむことはできず、

「尹大統領は複雑な心境のようです。情報機関を使って、岸田総理の北朝鮮への動向について、あっちこっちに探りを入れている」(外務省関係者)という。

 さらに、各国に影響を及ぼすのが、11月のアメリカ大統領選挙の行方だ。トランプ新政権が誕生した場合、特に北朝鮮と米国の関係に変化が起きると、山田氏が解説する。

「バイデン政権が始動してから、北朝鮮政策の優先度は低くて軽視されていますが、ドナルド・トランプ前大統領(77)は、議論ができる相手だと思っています。米国は世界の警察なんて偉そうに言っていますが、要はお金ですよ。バイデン政権が放置したことで、北朝鮮は更地のように手つかずの状態で、石炭とか色々な資源があり、トランプはビジネスチャンスと捉えています。できることなら、個人的にも儲かるのでトランプタワーだって北朝鮮に建てたいはず。国際情勢を考えると、しがらみもあって秩序とか同盟を重視しますが、トランプにその感覚はない。北朝鮮にとっては経済制裁の解除も含めて、1対1での米朝交渉の再開に期待しているのではないでしょうか」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル