top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

絶対にやめて! 調理用品メーカーが全国民に注意喚起 / フライパンのフタの危険すぎる使い方

ガジェット通信

調理用品メーカーとして知られている和平フレイズが、フライパンのフタを正しく使うように注意喚起している。フタはフタでもガラス製のフタ。誤った使い方をすると危険なのだという。

ガラス製のフタの扱いには注意

<画像:危険な使い方の例 / 和平フレイズのXツイートより引用>

玉子焼き器など、火との距離が近いものにフライパンや鍋のガラス製フタを使用すると、火の熱でフタが割れることがあるという。そもそも専用フタではないからサイズは合わないだろうし、ガラス製のフタの扱いには注意したい。

<和平フレイズのXツイート>

「「絶対にやめて」ガラス蓋が粉々に割れます。玉子焼き器で目玉焼きなど蓋をして調理する場合、鍋・フライパン用のガラス蓋を使用するのは大変危険です。おやめください。はみ出たガラス部分に直火が当たって突然割れてしまいます。特に玉子焼き器は浅いので、火との距離が非常に近いです」

火災などの危険もありうる

広告の後にも続きます

正直、筆者も玉子焼き器で焼いている目玉焼きの表面に火を通すため、まったく別のフライパンのガラス製フタをかぶせたことがある。幸いにして割れなかったが、割れててもおかしくなかったわけだ。

ヤケドやキズ、そして火災などの危険もありうる。絶対にやらないようにしよう! フライパンのフタは、そのフライパンに合ったものにのみ使用しよう。


※記事画像はフリー素材サイト『写真AC』より
※記事途中のガラス製フタの画像は和平フレイズのツイートより引用

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

 
   

ランキング

ジャンル