top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

『SHINeeのハコ』第2回放送 パンサーと“3大相撲”対決&初めてのパラパラダンス完コピに挑戦

Real Sound

『SHINeeのハコ』

 SHINeeの冠番組『SHINeeのハコ』(テレビ朝日)第2回が、本日3月2日深夜0時30分より放送される。

(関連:SHINeeが導く、光り輝く未来 日本のファンへの大感謝祭のような6年ぶり東京ドーム公演

 本番組では、キー、ミンホ、テミンが、“ハコ”で隠されたご褒美をかけて様々なゲームに挑戦。今回の放送では、SHINeeチームとパンサーチームに分かれ、指相撲、腕相撲、手押し相撲の“3大相撲”で対決し、勝てばチーム全員がご褒美をもらえる。

 気合十分で臨む両チームの対決は、キーと菅良太郎による熾烈な『指相撲対決』からスタート。続く『腕相撲対決』には、筋力自慢のミンホが登場し、鍛え上げられたたくましい腕に尾形貴弘も「絶対勝てない!ムキムキじゃん!」と早くも逃げ腰に。テミンvs向井慧の『手押し相撲対決』では、向井が至近距離で見たテミンに思わず「すごい可愛いんだけど!」と心の声が漏れる場面もあった。

 また、今回もSHINeeによるダンス対決が行われ、パラパラダンスの達人である菅が踊るダンスを一度見ただけで完コピできるかを競う。さらにステージパフォーマンスでは、韓国で2021年にリリースされた「Don’t Call Me」のジャパニーズバージョンを披露する。

広告の後にも続きます

 本番組は、TELASAと完全連動。番組放送終了直後からは、見逃し配信をスタートするほか、地上波では放送しきれなかった未公開映像も配信している。第1回で放送した『200人のお客さんに質問して正解5人以下を目指すゲーム』の続きも配信し、一度も成功出来なかったミンホがゲームに再チャレンジ。また、メンバーの順位をイメージで決めていくアンケートクイズでは、本人たちの想像を超えた結果も放送終了後から配信開始した。

 TELASAでは、翌週にもさらなるオリジナルコンテンツ『アフタートーク』を追加。収録を終えた感想、ファンの前でのパフォーマンスや一番楽しかったゲームなどを語り合う。さらに、放送本編とオリジナルコンテンツに加え、SHINeeが出演した韓国のバラエティー作品なども併せて見放題配信中だ。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル