top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「大谷翔平が40HR&40盗塁をしても驚かない」元エンジェルス打撃コーチが自信「ショウヘイはとんでもないシーズンをおくるだろう」

THE DIGEST

「大谷翔平が40HR&40盗塁をしても驚かない」元エンジェルス打撃コーチが自信「ショウヘイはとんでもないシーズンをおくるだろう」(C)THE DIGEST
 ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平が、出場2試合目となるオープン戦でも結果を出した。現地3月1日に行なわれたクリーブランド・ガーディアンズとのオープン戦に「2番・DH」で出場し、1打数1安打1打点2四球。3回1死二塁で迎えた第2打席で、右翼前適時打を放ってチームに先制点をもたらした。
【動画】ホワイトソックス戦で大谷がドジャース第1号

 大谷はドジャースでのデビュー戦となった2月27日のシカゴ・ホワイトソックス戦で、左翼スタンドに本塁打。差し込まれながらもフルスイングすると、打球は大きな弧を描いて左翼フェンスを越えた。

 オープン戦から結果を出し続ける大谷には、2024年シーズンも大きな期待が寄せられている。元ロサンゼルス・エンジェルスの打撃コーチ(19~22年)ジェレミー・リード氏の私見を米紙『Los Angeles Times』が伝えた。
  リード氏は打者専任となる大谷がバットに加えて、足でも好成績を残すと見ている。「ショウヘイはダイナミックな走塁ができる。強さと速さを備えているんだ。私としては(盗塁)制限を課したくない。それくらい優秀な選手なんだ。もし40本塁打、40盗塁を実践してもまったく驚かないだろう」と語った。

 また打撃面でも「バットのほうでも、いままで誰もやったことがないようなことを成し遂げると思うよ。ショウヘイはとんでもないシーズンをおくるだろうね」

 このようにリード氏は、エンジェルス時代に指導した大谷の活躍に太鼓判を押した。今シーズンの大谷はバットと足で、大きなことをやってのけるかもしれない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平の結婚報告投稿に盟友トラウトが“いいね”&メッセージ!“トラウタニ”のやりとりに米メディアも反応「長年のチームメイトも驚いた」
【関連記事】大谷翔平の結婚は「クラブハウスで誰も知らなかったようだ」――電撃発表にロバーツ監督は「本当に喜ばしいことだ」と祝福!
 
【関連記事】大谷翔平が結婚発表→囲み取材で漏らした『皆さんがうるさいので×2』に日本人喝采!「かっこよすぎでしょ」「ぶっちゃけて最高」「さらっと毒を吐くショウヘイさんが好き」
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル