top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

脂肪肝を治さないとずっと痩せることができないワケとは?【痩せるお酒の飲み方】

ラブすぽ

脂肪肝が治らないと永遠にやせられない!?

脂肪肝とは、お酒の飲みすぎや、お酒やおつまみなどに含まれる糖質をとりすぎが原因で起きる病気です。具体的には、肝臓に中性脂肪がたまりすぎた状態を脂肪肝と呼びます。中性脂肪は私たちが体を動かすときに使われるエネルギー源でもあります。

そのため、エネルギーが不足したときに備えて、肝臓内にある程度は蓄えておく必要があります。しかし、限度を超えて増えてしまうと逆効果。肝臓内で貯蔵しきず、反対に体に悪影響を及ぼすことになるのです。肝臓における中性脂肪の比率は、4%までなら「正常」です。

しかし、5%を超えるとすでに「軽度」の脂肪肝。20%以上だと「中度」、30%以上にもなると「重度」の脂肪肝と判断されます。中性脂肪が20%を超えてくると、肝細胞が炎症を起こして壊れ、中性脂肪が血液中にあふれ出します。これが体のあちこちに移動して脂肪として蓄積され、肥満を招くのです。さらにいうと、血液がドロドロになり動脈硬化を引き起こし、病気のリスクがぐんと高まります。

また、肝臓がこのような状態だと肝臓自体の機能が低下し、本来、肝臓が行っているアルコールの分解や糖質の代謝がうまくできなくなります。そうなると、脂肪は消費されずにたまる一方。永遠にやせられない状況に……。やせるためには、肝臓についた脂肪を落とすことが先決。肝臓が健康になってはじめてやせる準備が整います。

『内臓脂肪の名医が教える 痩せるお酒の飲み方』はこんな人におすすめ!

・太らないお酒の飲み方を知りたい!
・ダイエット中でもお酒を楽しみたい
・正しいお酒の飲み方を知りたい!

広告の後にも続きます

以上の方には『内臓脂肪の名医が教える 痩せるお酒の飲み方』は大変おすすめな本です。

そもそもなんでお酒を飲むと太るの?

酒を飲むと太る。そう実感する人は多いのでは?お酒やおつまみのカロリーや糖質が原因なのでしょうか。もちろん、それも関係しますが、実はもっと根本的なところに「飲むと太る」原因があるのです。

お酒を飲むと、まずはアルコールが胃に到達して吸収されます。すると、アルコールの影響で全身の血流がよくなります。皆さんが経験する、お酒を飲むと血行がよくなって体が温まるという現象です。アルコールはある程度胃で吸収されたあと、小腸へ流れていきます。当然、小腸も血流がよくなっているので吸収力がアップ。流れてきたアルコールのほか、お酒やおつまみに含まれる糖質をたっぷりと吸収してしまいます。

お酒を飲むと脂肪をためこみやすくなる!

同じ糖質量でも、お酒を飲まないときよりも飲んだときのほうが、より多く糖質を吸収してしまう。これが、「飲むと太る」一番の原因です。糖質はとりすぎると、中性脂肪となって体に蓄積していきます。つまり、お酒を飲むと、体が脂肪をため込みやすい状態になってしまうのです。

また、お酒には胃を刺激して胃の動き(蠕動運動)をよくする作用もあります。胃が活発に動きはじめるので、どんどん食欲も増進します。その結果、お酒を飲みながら食事をすると食べすぎてしまったり、飲んだあとにシメのラーメンを食べたくなったりと、食欲が暴走。単純に飲むと食べる量が増えることで、太ることに繋がります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル