top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

反町隆史「GTOリバイバル」26年前のキャスト出演に感謝「藤木さんも小栗さんも…」

シネマトゥデイ

再び鬼塚英吉に! 会見に出席した反町隆史

 俳優の反町隆史が2日、都内で行われた「GTOリバイバル」(カンテレ・フジテレビ系、4月1日よる9時~)の制作発表に出席した。壇上には反町のほか、共演者の岡崎紗絵、小手伸也、八木莉可子、畑芽育、日向亘が登壇した。またMCをやはり同ドラマに出演する山崎裕太が務めた。

 藤沢とおるの同名漫画を原作する「GTO」(1998)は、元暴走族の高校教師“グレート・ティーチャー・オニヅカ”こと鬼塚英吉(反町)が、破天荒な指導で生徒たちと命がけで向き合い、社会の裏側にくすぶっている問題を解決していく学園ドラマ。「GTOリバイバル」では、悩みを抱えた令和の高校生たちを相手に、鬼塚が再び熱血授業を繰り広げる様を描く。

 反町は26年ぶりとなる本ドラマのオファーを受けた経緯について「これまでも『もう一度復活はどうか』と何回か声をかけてもらったことがあったんです」と振り返りつつ、「僕自身が26年経った今、今だから言いたいことを言えるというか、子供達が一番大切な時期に何が正しくて何を言えるか、鬼塚がこの時代にどうあるべきかについてすごく興味が持てた。今復活したらどんなメッセージを送れるだろうかなど、色々考えながら、今ならいろんなことを語れるんじゃないかと思い、復活をするということにさせてもらいました」と説明した。

 また鬼塚の親友・冴島龍二役の藤木直人やかつての生徒役であった小栗旬、窪塚洋介、池内博之らとの再共演についても、「26年ぶりだったので、本当に不思議な感じがしました」と感想を述べ、「藤木さんも小栗さんも池内さんも皆さん出てくださって、どういった形で出演していただくかとか、みんながいい形で出てほしいなというのがありました。26年前に愛してくださったファンの方もたくさんいらっしゃって、その期待に応えたいなというのがあったので、皆さんに出てもらえて本当に感謝でした」と話した。山崎によると、初日の撮影では「出てくれてありがとう」と反町から握手を求められるなど、反町の26年前のメンバーへの気遣いを感じられるエピソードも紹介された。

 反町は久々の「GTO」を作るにあたり、「ファンがこういうのを見たいというのがあると思ったので、そこを(今回の新しい共演者たちと)ディスカッションした」と小手らと積極的にコミュニケーションを取った撮影を回顧。その上で教頭役の小手の演技を絶賛。「一番最初に教頭役をやった中尾彬さんはものすごくインパクトがあったんです。その中尾さんを超えるんじゃないかと思うほど個性があった。やっていて、『あ、この感じ、この感じ』って思えた」と笑みを浮かべた。(取材・文:名鹿祥史)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル