top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

名作椅子100脚で20世紀を振り返る!日本橋髙島屋「椅子とめぐる20世紀のデザイン展」

TOKYO HEADLINE

 中央区の日本橋髙島屋 S.C.にて現在、椅子研究家・織田憲嗣氏のコレクションから厳選した100脚の名作椅子を展示する「椅子とめぐる20世紀のデザイン展」が開催中だ。

「織田コレクション」とは、椅子研究家の織田憲嗣氏が長年かけて収集、研究を行ってきた20世紀の優れたデザインの家具と日用品のコレクション。今回はアール・ヌーヴォー、バウハウス、ミッド・センチュリー、イタリアン・モダンなど、20世紀の100年間におけるデザインの変遷を厳選した100脚の名作椅子と共にたどる。食器、インテリア製品、キッチン用品、家電製品、事務用機器などの日用品も交え、デザインと生活の関係性を解き明かす。

 会場内では100年間のデザインの変遷を年代順にラインアップ。第1章「20世紀の始まり アール・ヌーヴォー」(1900年~)のガウディが初期の建築物「Casa Calvet」のためにデザインした椅子で始まり、第3章「デザイン黄金時代 ミッド・センチュリー」(1940~1950年)でチャールズ&レイ・イームズのロッキング・チェアの初期モデルやレイ・コマイのサイド・チェア。第4章の「斬新なデザイン ポストモダンへ」(1960~1990年)では、ルネ・マグリット作品をオマージュした《マグリッタ》や人の体をかたどった《ブルーム》などが並ぶ。

チャールス・イームズ/レイ・イームズ《ロッキングチェアRAR》の初期モデル(右)、エーロ・サーリネン《チューリップ・アームチェア》

 各章で時代を象徴する5つの部屋として、名作椅子と家具、食器などの小物、照明などをコーディネートして展示。第2章「デザイン革命 モダニズム」(1910~1930年)で、バウハウスを象徴するスチール・パイプや合板、ガラスでできた織田氏が “無機的機能性” と呼ぶインテリアを集め、第3章ではボーエ・モーテンセンのダイニング・テーブルにすべてデザイナーの異なる名作椅子がそろっている。

 さらにノル・インターナショナル社とハーマン・ミラー社の製品を中心に構成したアメリカン・ミッド・センチュリーの部屋、第4章では世界中を席巻した北欧デザインと入れ替わるように台頭したイタリアン・モダンの部屋、空気でふくらませて座る《ブロウ》など子ども用の優れたインテリアを集めた ”バンビーノの秘密基地“ を紹介。最後に実際に名作椅子に座ることのできるコーナーも設けられている。

広告の後にも続きます

 織田氏は来場者に向けて「椅子の座面を三次元曲面に成形する技術は、もともと第二次世界大戦の負傷兵のために開発した脚部固定用添え木が始まり。スチール・ワイヤーを使ったワイヤーシェルではスポット溶接で人間の体にフィットするようにするなど、いずれもなるべくかけ心地のいい椅子を作ろうとさまざまなデザイナーがチャレンジした。

 デザインの究極の目標というのは人を幸せにするために存在すること。ですから上げ底のパッケージや誇大広告、コピー商品といったものは排除されるべきもの。デザイナーの著作権はもっと尊重されるべきだし、優れた生活デザインがいかに人々を幸せにしてきたかということに少し思いを馳せていただければ」とメッセージを寄せた。

「椅子とめぐる 20世紀のデザイン展」は、日本橋髙島屋 S.C. 本館8階ホールにて3月18日まで。入場料は一般1200円、大学・高校生1000円、中学生以下無料。

時代を象徴する部屋 Ⅱ「ノルディック・モダンのティー・パーティー」 当時は10%程度の大きさに圧縮して販売されたガエターノ・ペッシェ《チェアUP5+UP6》 マグリット《人の子》をオマージュしてデザインされたロベルト・マッタのチェア《マグリッタ》 ドナート・ドゥルビーノ/ジョナタン・デ・パス/パオロ・ロマッツィによる空気でふくらませるチェア《ブロウ》。現存しているモデルは大変珍しい

 

「椅子とめぐる20世紀のデザイン展」 【URL】https://www.takashimaya.co.jp/store/special/20thcenturychair/index.html

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル