top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

石丸幹二「『ドラえもん』なくして世界平和はない」かが屋・賀屋は「ジャイアンとデュオ組む」

TOKYO HEADLINE

 

 公開中の『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』の舞台挨拶が2日、都内にて行われ、ゲスト声優を務めた石丸幹二、芳根京子、かが屋(加賀翔・賀屋壮也)と今井一暁監督、ドラえもんやのび太らが登壇。物語にちなみ、ゲスト声優たちが「無くなったら困るもの」を語った。

 藤子・F・不二雄の生誕90周年、シリーズ第43作目。『映画ドラえもん』シリーズで初めて“音楽”をテーマにした壮大な冒険が繰り広げられる。

『映画ドラえもん』出演の反響の大きさを感激しながら語っていたゲスト声優たち。かが屋の賀屋は「アメリカで一人暮らしをしているおばから“ドラえもんに出るんだね、グッジョブ!”とメールが届きました」と自慢げ。

 本作での声優デビューに「緊張していた」と明かしたかが屋の2人は「こういう舞台挨拶も初めてで。でもレギュラー陣、とくにジャイアンとスネ夫がめっちゃ経験豊富で(笑)」と、ドラえもんをはじめとするレギュラー陣の舞台挨拶慣れぶりに脱帽しつつ賀屋は「今度、ジャイアンとデュオを組むことになりまして」とすっかり意気投合。

広告の後にも続きます

「音楽が地球から無くなる危機にドラえもんたちが立ち向かう」という物語にちなみ、レギュラー陣から「なくなったら困るもの」を聞かれた石丸は「ドラえもんかな。ドラえもんなくして世界平和はありません」と言い、ドラえもんは「石丸さん、大好き!ずっとついて行きます」と大感激。

 芳根は「お味噌汁」とほっこり回答。かが屋の加賀は「やっぱりお笑いですね。小さいお子さんとかお笑いがなくなったら、どうなるか分からないと思うんですよ。だからぜひ次回は『のび太のドラドラ新喜劇』をやってもらいたい」。一方の賀屋は「ハンバーガーかな~」と言い、ジャイアンも「分かる~」と、またしても意気投合。すかさず「パティとバンズみたいでしょ」と笑いをさらったジャイアンに、「全部救ってくれる」と苦笑していた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル