top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

王将戦も圧巻の強さで防衛!藤井聡太の2月の対局を振り返る

HOMINIS

王将戦は圧巻の強さで挑戦者を圧倒。4連勝でタイトル戦の連勝記録を更新した。再びの同学年対決となった棋王戦は開幕からまさかの持将棋となる、波乱のスタートとなっている。

歴代タイトル獲得者一覧はこちらから
 
2月4日に第49期棋王戦コナミグループ杯五番勝負第1局で伊藤匠七段と対戦。藤井の先手で角換わり腰掛け銀から、早いスピードでお互いに入玉を視野に入れる戦いとなる。その後も双方の玉が捕まらず、点数もほぼ互角で最後は持将棋となった。藤井の持将棋は初。タイトル戦の規定により、本局は引き分け扱い。
 
2月7、8日に第73期ALSOK杯王将戦七番勝負第4局で菅井竜也八段と対戦。菅井の角道を止めない三間飛車から、互いに馬を作り合う手将棋となる。序盤から妥協を許さない指し手で少しずつペースをつかんでいくと、中終盤は良さをキープする安定した指し回しで圧倒。最後は大差をつけて投了に追い込んだ。4連勝で防衛を果たし、タイトルは通算20期目。初タイトル戦から負けなしで、タイトル戦番勝負における連勝記録を更新し、歴代1位になった。
 
2月10日に第17回朝日杯将棋オープン戦本戦準決勝で糸谷哲郎八段と対戦。糸谷の雁木に藤井は急戦から攻めていくが、糸谷の巧みな受けの前に苦境に陥る。しかし、粘り強い攻めで逆転に成功すると、最後はギリギリのしのぎを見せて制勝。
 
同日に行われた朝日杯決勝で永瀬拓矢九段と対戦。矢倉の出だしから永瀬の研究にハマり、中盤で大きく時間の差がついた状態で一分将棋に追い込まれる。それでも互角の形勢を保ち、双方秒読みの競り合いに持ち込んだが、永瀬の強気な指し手の前に藤井に先にミスが出る。その後も追いすがるが、的確な指し回しの前に押し切られて敗戦。準優勝となった。

王将位を防衛した藤井聡太

2月24日に棋王戦第2局で伊藤七段と対戦。角換わり腰掛け銀から先手の伊藤が猛攻を掛ける展開に。玉が薄く神経を使う展開だったが、崩れない指し回しで攻めを余す。反撃に転じてからは妙手を織り交ぜてあっという間に寄せ切った。これでシリーズは1勝0敗1持将棋となり、第3局は3月3日(日)に行われる。

2月4日に第73回NHK杯将棋トーナメント準々決勝の伊藤匠七段戦が放映。角換わり腰掛け銀から互いに守りの駒を攻めに使うバランス型の戦いに。終盤、渋い受けから一転鋭い攻めを繰り出し、たちまち伊藤の玉を寄せ切った。3月10日(日)に放映される準決勝では羽生善治九段と対戦する。
 
第32期銀河戦本戦の組み合わせが発表。藤井はHブロック最終戦に登場する。手前には近藤誠也七段、三浦弘行九段らが控えている。放映は秋の予定で、勝てば決勝トーナメント進出。

ABEMA地域対抗戦で藤井は杉本昌隆八段率いるチーム中部に選抜。チームメイトは他に豊島将之九段、八代弥七段、服部慎一郎六段。
 
2月3日に放映された予選Bリーグ1回戦でチーム関西B (畠山鎮八段、斎藤慎太郎八段、大石直嗣七段、大橋貴洸七段、古森悠太五段)と対戦。藤井は二番手に登場し、圧巻の5連勝。チームも5勝1敗で勝利。
 
予選Bリーグ1位決定戦ではチーム九州(深浦康市九段、佐藤天彦九段、佐々木大地七段、都成竜馬七段、古賀悠聖五段)と対戦する。
 
2023年の賞金ランキングが発表。藤井は2年連続1位だった。1億8634万円は歴代1位の記録となる。

広告の後にも続きます

文=渡部壮大

放送情報【スカパー!】

第73期 ALSOK杯王将戦 七番勝負 第1局 藤井聡太王将 vs 菅井竜也八段
放送日時:3月23日(土)20:00~
放送チャンネル:囲碁・将棋チャンネル
※放送スケジュールは変更になる場合があります

最新の放送情報はスカパー!公式サイトへ

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル