top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

大きな賭け? 異色の経歴でプロ入りしたルーキー(1)26歳で驚きの巨人入り

ベースボールチャンネル

プロ野球 最新情報

 いよいよ球春到来を迎えたプロ野球。2023年ドラフト会議では計122人が指名され、新たにプロでの生活をスタートさせる選手が多く存在する。毎年のように予想外となるサプライズ指名が巻き起こるドラフト会議だが、中でも今季は特殊な経歴を持つルーキーの存在が目立つ。ここでは変わった経歴を持つ2023年の新人選手を紹介したい。

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。

 

森田駿哉(読売ジャイアンツ)


・投打:左投左打
・身長/体重:185cm/88kg
・生年月日:1997年2月11日
・経歴:富山商 – 法政大–ホンダ鈴鹿
・ドラフト:2023年ドラフト2位
 
 読売ジャイアンツから2位指名と高い評価を受けた森田駿哉。ドラフト市場では、高齢となる26歳でのプロ入りとなった。
 
 富山商時代には3年夏に甲子園へ出場。高校日本代表に選出されるなど、世代屈指の左投手として名を上げたが、プロ志望届を提出せず法政大へ進学した。
 

 
 法政大では入学直後となる1年春のリーグ戦で開幕投手に抜擢。同春は7試合に登板し、1勝2敗、防御率3.60の活躍を見せた。
 
 しかし、その後は故障に苦しみ、2年時には左肘の手術を敢行。4年時に復帰したが、思うような投球ができず、ドラフト指名漏れを経験した。
 
 大学卒業後はホンダ鈴鹿でプレーし、入社1年目から公式戦に登板。社会人5年目を迎えた2023年にトヨタ自動車の補強選手として都市対抗に出場すると、2試合で先発マウンドに上がり、ともに6回1失点と好投を見せた。
 
 全国大会での活躍により評価を高め、ドラフト2位で巨人から指名を受け入団。2月で27歳を迎えるだけに、プロ1年目から活躍が求められている。

 

広告の後にも続きます

 
【関連記事】
大きな賭け? 異色の経歴でプロ入りしたルーキー(2)
大きな賭け? 異色の経歴でプロ入りしたルーキー(3)
大きな賭け? 異色の経歴でプロ入りしたルーキー 全紹介

 

 
【了】

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル