top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

京セラが「世代間ギャップ」調査を実施 「これだから今の若者は、」をポジティブに変換した広告も掲出

おたくま経済新聞

 京セラ株式会社が、SNSを中心に話題をよんだ京セラ発のZ世代向けアニメ「今は将来に入りますか。」の連動企画として、若者と大人の「世代間のギャップに関するアンケート」を実施。

 また、3月1日より東京メトロ東西線の車内にて「これだから今の若者は、」というフレーズをポジティブに変換したトレインジャック広告が掲出されます。

【元の記事はこちら】

 「今は将来に入りますか。」は、京セラが制作したZ世代に向けたオリジナルアニメーション動画の第3弾。2月20日より京セラ発オリジナルアニメ第3弾特設サイトにて公開されており、ヨルシカのsuisが声優に初挑戦したことでも注目を集めました。

■ 7割超が世代間ギャップを感じたことがある

広告の後にも続きます

 連動企画として京セラと電通若者研究部とが共同で実施した「世代間のギャップに関するアンケート」は、18~60代の男女1000人を対象に2023年12月8日~10日にかけてインターネット調査の方法で行われました。また、大人が35歳以上、若者が35歳未満と定義されています。

 結果報告によると、全体の7割を超える人が“大人と若者との世代間ギャップ”を「感じたことがある(37.4%)」または「やや感じたことがある(38.4%)」と、回答したそうです。

 次に、隔たりやギャップを感じた人に対し、「どのような反応をしていますか?」という質問を行ったところ、約半数以上の65.4%もの人が「世代間の隔たりを解消したい」と思いながらも、具体的な行動が起こせていないことが判明しています。

■ 「若者」と「大人」のすれ違い

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル