top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

若葉竜也が伊勢谷友介に襲われそうに それまでとは逆の構図に 「ペナルティループ」本編映像

映画スクエア

 2024年3月22日より劇場公開される、荒木伸二監督、若葉竜也主演の映画「ペナルティループ」から、それまで溝口(伊勢谷友介)に復讐を遂げて眠りにつくというループを繰り返していた岩森(若葉竜也)が、なぜか逆に溝口から襲われそうになるシーンの、本編映像が公開された。

 工場で働く岩森がふと廊下の窓から外を見ると、駐車場のバンから作業着姿の溝口が降りてくる。面識がないはずの岩森を見つめる溝口。恐怖を感じた岩森はその場を離れるが、倉庫内で溝口に見つかり、必死に逃げるものの倉庫の隅まで追い詰められてしまう。ついに向かい合う2人、そこで溝口の口から出たのは「なんで俺を殺す?」という言葉だった。2人の関係に変化が見られ、“岩森が溝口を襲う”から“溝口が岩森を襲う”という、逆ループが始まるかのようにみえる本編映像となっている。

 主人公が意図せずループに巻き込まれるタイムループが主流だったが、本作は「主人公が復讐のループを自ら選択する」という設定となっている。荒木監督は、「ループものの典型である、現実には不可能な時間軸の修正、それによる正常化、あるいは改善、みたいなところから出れないか、というのが一番大きなトライアル」と、あえて従来のループもののルールを解体していくことを目指したことを明かしている。

 「ペナルティループ」は、先の読めない展開のタイムループ・サスペンス。岩森淳は、最愛の恋人である唯を、素性不明の男・溝口に殺される。大きな喪失感を抱えながら、自らの手で犯人に復讐することを決意する岩森。綿密な計画を立て、完璧に実行したはずだったが、岩森が翌朝目覚めると、周囲の様子は昨日のままだった。確かに殺したはずの溝口も生きており、時間が昨日に戻っている。困惑しながらも復讐を繰り返す岩森だが、何度殺しても翌朝は来ず、その度に恋人の敵を討ち続けることになる。「人数の町」の荒木伸二監督がメガホンを取る。

【作品情報】
ペナルティループ
2024年3年22日(金)、新宿武蔵野館、池袋シネマ・ロサほか全国公開
配給:キノフィルムズ
© 2023『ペナルティループ』FILM PARTNERS

 
   

ランキング(映画)

ジャンル