top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

約6年ぶりツアー復帰の森田理香子はドライビングディスタンス1位を記録! 首位は西郷真央が独走。「ダイキンオーキッドレディス」2日目をプロがレポート

みんなのゴルフダイジェスト

約6年ぶりツアー復帰の森田理香子はドライビングディスタンス1位を記録! 首位は西郷真央が独走。「ダイキンオーキッドレディス」2日目をプロがレポート(C)みんなのゴルフダイジェスト

「ダイキンオーキッドレディス」の2日目を終えトータル11アンダーで西郷真央が4打差をつけ首位を独走。2位に菊地絵理香、3位に岩井千怜と続く。みんなのゴルフダイジェスト特派記者でプロゴルファーの中村修が現地からのレポートをお届け。

「ダイキンオーキッドレディス」の2日目は予報通り、時折り強く降る雨模様。昨日と比べて気温も下がり飛距離のアジャストが難しくなるコンディションでした。

今日注目したのは、地元沖縄出身でホステスプロとなっている新垣比菜選手と6年ぶりのツアー出場となった森田理香子選手です。

新垣選手は一昨年から青木翔コーチに指導を受け、23年のシード権獲得はなりませんでしたがQTを13位で突破しシード権復活をかけてシーズンに臨んでいます。オフには積極的に青木コーチのいる兵庫県に通いさまざまな取り組みをしてきたと話します。

2日目を終え、2オーバーの41位タイまでがカットラインとなりましたが、結果は新垣選手は3オーバー57位と1打足りずに予選落ち。初日も2日目も上がりの3ホールを3連続ボギーとし、悔しい予選落ちとなりました。

広告の後にも続きます

「パッティングを最後までグリーンに合わせられなかったことが残念です。やはり後半は地元開催、ホステスプロとしてのプレッシャーがありました」とラウンド後に話しを聞かせてくれました。

青木コーチは「チップインが2つあり、オフにやってきたことができていたし、ゴルフに対する姿勢や取り組みは評価できるものがありました。この1試合だけで評価するのではなく、試合でのミスの傾向も見えてきたので今後も取り組んでいきます」とオフの取り組みも評価しつつ、新たな課題が見つかったので、そこの修正をしたいといいます。

落ちていたドライバーの飛距離が戻って来ているという新垣選手は、今週からテストが開始されたフジクラ「24ベンタスブルー」を実戦投入し、初日のスタッツは233ヤード、フェアウェイキープは14回中10回とまずまずの結果を残しています。バーディパットが決まると地元の多くのギャラリーから声援が飛び、応援を力に変えて最後まで頑張れたことは次につながると思います。

続いて森田理香子選手は同組の菊地絵理香、上田桃子選手よりも30ヤード以上オーバードライブする飛距離でかなり飛んでいました。昨日の菊地選手のコメントでは「70ヤードくらい3回おいて行かれましたし、アイアンショットも乾いた感じのいい音を出すのは健在だと思いました」とその飛距離に驚いていました。

今日のラウンドは前半に4連続バーディを奪い5バーディ2ボギーの69でプレーしトータル1アンダー18位タイで見事に予選を通過しました。

「上出来だと思います。自分でも天才やなぁって思いながら回っていました(笑)。自分で自分をコントロールしてやっていました」と良いゴルフができたとラウンド後の囲み会見で振り返ります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル